食べる

新宿でコロナ対策「安心情報マップ」 新宿西口思い出横丁など飲食店62店紹介

「新宿西口思い出横丁安心情報マップ」

「新宿西口思い出横丁安心情報マップ」

  • 16

  •  

 新宿観光振興協会が、飲食店のコロナ対策を取りまとめた「安心情報マップ」を製作し、10月30日に配布を始めた。

街全体と各店の感染対策のピクトグラム

 第1弾として製作したマップエリアは「新宿西口思い出横丁」で、新宿西口商店街振興組合や各店舗の協力で、飲食店62店舗の情報を掲載する。担当者は「今年は『新宿街バルウィーク』など『新宿まちフェス』も中止になった。その代わりということも含め、これまで同イベントを行ってきたエリアを対象に、飲食店のコロナ対策に関するマップを作ることで、新宿の観光資源である繁華街や飲食店を応援できたらと考えた」と振り返る。

[広告]

 作成に当たり、新宿区と国立感染症研究所の協力の下に視察も行った。専門家から「接客時のマスク着用」「換気方法」「消毒に使用するアルコール」など具体的な助言のほか、飲食店の感染防止には利用する人たちの手指消毒や、飲食をしない時のマスク着用などの協力が効果的である点も助言を受けた。「アドバイスを受け街全体や各店舗で、お客さまに安心して来ていただく環境づくりに取り組んでいる」と担当者。

 各店の情報やテークアウト、デリバリーサービスを紹介するほか、街全体で共通して取り組んでいること、ソーシャルディスタンスや検温の実施など各店が力を入れている取り組みなどをピクトグラムで表記する。サイズはA2で8ページ折り。新宿西口思い出横丁掲載店舗、新宿観光案内所で3000部を配布するほか、同協会ホームページでも公開する。

 担当者は「今後『新宿街バルウィーク』を行っている5エリアを対象に順次マップを製作したいと考えている。第2弾は新宿3丁目エリアの予定。地図を片手に、ノスタルジックな情緒が残る古き良き思い出横丁など、新宿の街を楽しんでもらえたら」と呼び掛ける。