暮らす・働く

東新宿にコワーキングスペース「ビズコンフォート」 24時間365日利用可

「BIZcomfort(ビズコンフォート)東新宿」施設内の様子(イメージ)

「BIZcomfort(ビズコンフォート)東新宿」施設内の様子(イメージ)

  • 15

  •  

 新宿エリア初出店となるコワーキングスペース「BIZcomfort(ビズコンフォート)東新宿」(新宿区新宿6)が1月18日にオープンする。席数は25席。

ビル10階からの眺めを生かした施設内の様子(イメージ)

 運営するWOOC(品川区)は、同スペース71拠点(提携店舗・新規オープン予定含む)のほか、レンタルオフィス「BIZcircle」を101拠点展開する。担当者は「近年、働き方が多様化し、フリーランスや副業、スタートアップなど自分の特技や強みを生かした働き方を選択する人が増えてきている。企業もコワーキングスペースを用いたテレワークや、子育て・介護世代が自宅近くでも働けるサテライトオフィスを設置する傾向にあるなど、働くスタイルや意識は大きく変わろうとしている」と話す。

[広告]

 近隣エリアでは早稲田と神楽坂天神に同施設があり、担当者は「企業に勤める30~40代のビジネスパーソンが圧倒的に多く、皆さん、自習や仕事、テレワークスペースとして利用されている」と話す。

 「新宿イーストクロスタワー」の最上階に位置する新たな施設は10階からの景色を生かし、「空中庭園」をコンセプトに内装に緑を多く使う。「『東新宿駅』から徒歩1分なので『オフィスよりも自宅に近い仕事場』としてのテレワーク利用や、新宿の住所を利用した登記(有料オプション)で、スタートアップや支店開設にもお薦め」と担当者。

 24時間365日利用可能な点も大きな特徴。メインのワークブースに加え、電話やウェブ会議専用のテレフォンブースを用意する。無料のWi-Fiやプリンター、フリードリンクを完備し、有料でロッカーやポストなども利用できる。施設内、共有部利用時の手指消毒・マスク着用の徹底を行うほか、飛沫(ひまつ)防止パーテーション、空間除菌装置を設置し、感染症対策に努める。

 担当者は「朝活などライフスタイルに合わせて利用したり、都会ならではの夜景に癒やされながら作業したり、開放的な空間で気持ちよくニューノーマル時代の働き方を体験してもらえたら」と利用を呼び掛ける。

 利用料金は、月額ライトプラン=2,000円~、土曜・日曜・祝日プラン=6,000円、全日プラン=1万6,000円ほか(以上、税別)。