食べる

新宿に「台北餃子チィチィ」 ギョーザセットにしたランチメニュー、昼飲みも

「台北焼棒餃子」がセットになった「台北餃子 次次」のランチメニュー

「台北焼棒餃子」がセットになった「台北餃子 次次」のランチメニュー

  • 18

  •  

 「台北餃子 次次(チィチィ)」(新宿区新宿3、TEL 03-5367-5668)が新宿中村屋ビルの7階にオープンして1カ月半がたった。運営はオペレーションファクトリー(大阪府)。席数は46席。

メニューの1つ「こぼれエビチリ」

 「台湾の地元の人たちから愛されている専門店のギョーザが楽しめる店」を掲げる。担当者は「台湾の人気店で修業したシェフが料理を担当している。お客さまには台湾出身の方もいらして『本場の味に近い』などの感想もいただいた」と話す。

[広告]

 メニューの「台北焼棒餃子」(5個290円、10個580円)はパリパリとした食感で、具にはニンニクを使わず、柔らかく甘みのある黄ニラを使う。もちもちとした食感に仕上げた「あっさり台北水餃子」(5個390円)もニンニクを使わない。

 「オープンから台湾が好きな方、ギョーザが好きな方を中心に足を運んでいただいている。SNSで情報を得たという若い女性も多く、インスタ映えもする『こぼれホルモン麻婆豆腐』や『こぼれエビチリ』が人気で、ギョーザと合わせて注文される方が多くいらっしゃる」と担当者。

 ランチメニューにはギョーザ(焼き棒ギョーザ、または水ギョーザ)とルーロー飯や麺、マーボー豆腐と合わせたセットメニューも用意する。レモンを丸ごと一つ使ったサワーや台湾カクテル、紹興酒カクテルなどの飲料もそろえる。「昼飲みもできるようつまみなどもあるので、名物ギョーザと合わせて楽しんでもらえたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間はランチ=11時~15時、ディナー=17時~22時30分(ラストオーダー)。