3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

新宿に「バスあいのり3丁目テラス」 産地直送食材生かし生産者と消費者結ぶ

「バスあいのり3丁目テラス」(イメージ)

「バスあいのり3丁目テラス」(イメージ)

  • 60

  •  

 日本各地から産地直送で届く食材を生かしたメニューや地域の魅力を楽しむことができる屋外施設「バスあいのり3丁目テラス」(新宿区新宿3)が9月4日、新宿にオープンする。

香川県三豊市のオリーブ車エビと、岩手県遠野市の野菜パドロンを使ったグリーンカレー(イメージ)

 アップクオリティ(新宿区)と三菱地所(千代田区)の協業で展開する。両社は2018(平成30)年7月から、旅客用高速バスの空きトランクを活用した新しい地方特産品運搬の仕組みである「産地直送バスあいのり便」に取り組んできた。これまで貨客混載によって、県外へ出荷できていなかった希少品や伝統野菜、朝取れの野菜、水産物などを東京に定期搬送し、現在全国49地域、55路線と提携する。

[広告]

 主に高速バスによって運ばれた食材をバスタ新宿などで受け取り、そのまま同施設へ運び、地域の食文化を発信しながら、地域と地域の食材を組み合わせたメニューなどを提供する。2つ以上の地域の食材を使った「季節のマリアージュメニュー」には「オリーブ車海老(えび)と遠野パドロンのグリーンカレー」(1,200円)や「しましし(広島)とシャインマスカット(山梨)のタコス」(580円)などを用意する。ほかに岩手県産牛サイコロステーキ、四万十鶏のもも肉、世羅和豚のカルビ、広島ハーブ鶏のつくね串を盛り合わせた「厳選あいのり肉盛り」(1,480円~3,800円)なども(メニューは時期や販売状況による)。

 月替わりのマルシェイベント「日本中の食をめぐる、すてきなバスあいのり100のものがたり」企画の第1弾として、山形県鮭川村のバラや三重県の伊勢茶ティーバッグを来店者に進呈するほか、長野県「信州黄金の鹿カレー」を期間限定で提供する。担当者は「新型コロナウイルス感染拡大を受け、高級食材や花も流通しづらい状況にある。影響を受けた産地や生産者を応援し、生産者と消費者をつないでいけたら」と話す。

 「オンライン直売所イベントなども予定している。日本中から人やモノが集まる新宿で、地方と都市を結んだ、新たな食のにぎわいの拠点になれば」と期待を込める。

 営業時間は11時~22時(土曜・日曜・祝日は12時~)。

Stay at Home