3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

「Gap新宿フラッグス店」リニューアル 世界で初めてカフェエリア併設

「Gap新宿フラッグス店」に誕生したカフェエリア

「Gap新宿フラッグス店」に誕生したカフェエリア

  •  
  •  

 「Gap新宿フラッグス店」(新宿区新宿3、TEL 03-5360-7800)が6月1日、「世界にひとつだけの、コンセプトストア」としてリニューアルオープンした。

デニムエリア(イメージ)

 1998(平成10)年10月に新宿駅直結の商業施設としてオープンした「Flags」の1階と地下1階に入る同店。担当者は「今回は世界初の取り組みとして、通常の店舗フォーマットとは違い、当ブランドのヘリテージやカルチャー、米・サンフランシスコでデニムとレコード店からスタートした歴史、コアバリューなどをさまざまなサービス、展示、イベント、プロダクトを通して多くのお客さまに伝えていけたらという思いで作った」と話す。

[広告]

 ストアデザインと設計は谷尻誠さん、吉田愛さん率いる建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE CO.,LTD」が手掛ける。店内には同じく世界初となるカフェエリア「Gap Cafe」を併設し、オリジナルブレンドコーヒーやラテアートを施したカフェラテ、子ども用のベビーチーノほか季節に合わせた飲料を提供する。クリスピー・クリーム・ドーナツも販売し、マスコットキャラクターである「ブラナンベア」をモチーフにしたオリジナルデザインのオープンを記念したドーナツなども数量限定で用意する。

 購入した商品に、同店限定のオリジナル刺しゅうデザインをするなど自分好みのカスタマイズを施せる「カスタマイズ ユア スタイル」も店内で展開する。「Blue Shed(ブルーシェッド)と呼ぶカフェ&カルチャースペースは、初の試みを日本で実施するということで、デニムのインディゴ(藍)を日本らしく表現したいと、徳島の天然藍を使用している」と担当者。

 「目で見る・触れる・人が集まる・会話が生まれる場所として『洋服以上のもの』を提供していきたい。コーヒーや音楽、会話など日常の情報を通じてブランドの世界観に触れられるような、オンラインでは体験できない店舗ならではの時間を過ごしもらえたら」と期待を込める。

 営業時間は11時~22時(オープン後当面は20時まで)。