食べる

新宿に「ティーピーティー」 台湾発「春水堂」のティースタンド日本初上陸

「TP TEAニュウマン新宿店」が提供するメニュー(イメージ)

「TP TEAニュウマン新宿店」が提供するメニュー(イメージ)

  •  

 台湾の「春水堂(チュンスイタン)」グループのティースタンド「TP TEA(TPティーピーティー)」が7月20日に日本初上陸、新宿の「NEWoMan(ニュウマン)」(渋谷区千駄ヶ谷5)2階エキナカにオープンした。運営はオアシスティースタンド(豊島区)。

「TP TEA」の季節限定ドリンク。中央が「タピオカマンゴーラテ」

 35年の歴史を持つ同グループが2005年に設立したテークアウト専門のティースタンドで、店名は「Taiwan Professional TEA」の略称。台湾内に250店舗展開するほか、上海、シンガポールへも出店する。

[広告]

 新宿に出店したきっかけについて、広報担当者は「新宿駅周辺には、台湾系だけでなくタピオカドリンクのお店が多く密集している。お客さまにも新宿に密集していることは広く認知されているので、発信地になるのではと考えた」と話す。

 看板商品であるラテシリーズの「鉄観音ラテ」や日本限定の「タピオカ抹茶ラテ」、「タピオカ翡翠ジャスミンティー」など50種類以上のティードリンクをそろえる。もちもちのタピオカを使った「タピオカミルクティーソフトクリーム」は日本初登場。

 ドリンクやデザートのほか、唐辛子や花椒などの香辛料を加えたスープをベースに、板春雨、野菜をたっぷり使ったヌードル「サラダ麻辣湯(マーラータン)」などフードも提供する。辛さは4段階を選べ、追加トッピングには味玉や水ギョーザ、パクチー、蒸し鶏などを用意し、好みに合わせてカスタマイズできる

 「予想外だったが、8時台といったオープン直後の朝早い時間帯からお客さまが並んでくださっている。『タピオカミルクティー』『大粒タピオカミルクティー』がともに人気がある。『タピオカミルクティーソフトクリーム』もベスト10に入る商品」と担当者。

 価格は「大粒タピオカミルクティー」(550円)、「タピオカミルクティー」(500円)、「タピオカミルクティーソフトクリーム(カップ)」(530円)、「サラダ麻辣湯 赤」(650円)ほか。

 「季節限定ドリンクの『タピオカマンゴーラテ』はスタッフにも圧倒的な人気があってお薦め。夏の暑い季節に、辛いヌードルと甘くて冷たいタピオカミルクティーの組み合わせを楽しんでもらえたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は8時~22時(土曜・日曜・祝日は21時30分まで)。