見る・遊ぶ

新宿でインクブレンド体験会 筆記具店主催、フランスのインクで好みの色作る

フランスのインクを使って行う「インクブレンド体験会」(イメージ) © mayumi hayashi

フランスのインクを使って行う「インクブレンド体験会」(イメージ) © mayumi hayashi

  •  
  •  

 オリジナルカラーの万年筆インク作りが楽しめる「インクブレンド体験会」が7月27日から2日間、「ラピス」(渋谷区代々木2)で開催される。主催は新宿の筆記具専門店「KINGDOME NOTE(キングダムノート)」(西新宿1)。

ゲストで文具ライターの武田健さん © mayumi hayashi

 同店は定番から限定万年筆まで中古・新品の筆記具をそろえるほか、ボールペンやメカニカルペンシル、インクや筆記具関連アクセサリーなども扱う。特にインク類は輸入インク、オリジナル商品「日本の生物シリーズ」など600種類以上を取りそろえる。

[広告]

 体験会は今回で2回目。使用するインクは2000年にフランス南部の都市アルビに設立され、2017(平成29)年に日本に初上陸したインクメーカー「ラルティザン パストリエ」の「カリフォリオインク」をブレンドする。担当者は「同社は現在、混色可能な同水性インク36色と、香り付き水性インク『パフュームインク』12色をラインアップしている。ナチュラル系の優しい色合いとインクフローの良さから人気が高く、コレクションするファンも増えている」と話す。

 ゲストに文具ライターの武田健さんを招く。武田さんは1968(昭和43)年東京生まれ。現在2400本以上のインクを所有し、雑誌「趣味の文具箱」で万年筆インクに関する連載「HAPPY INK LIFE」を執筆するほか、ブログで毎日インクを紹介したり、オリジナル万年筆やインクのプロデュースを行ったりしている。

 イベントで作成したインクは10ミリリットルの瓶に入れて持ち帰ることができる。参加者にはガラスペン、パレット、ミニ筆がセットになったインクミキシングセットも進呈する。担当者は「どんな色を作りたいかイメージを浮かべながら、世界に一つだけのオリジナルカラーの万年筆インクを作ってもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は両日共に11時~13時、14時30分~16時30分、17時30分~19時30分。定員は各時間帯6人。費用は1,500円。要予約(7月22日20時30分まで、定員に達し次第、受付終了)。

  • はてなブックマークに追加