見る・遊ぶ

「サナギ新宿」ギャラリーでA.YAMIさん個展 不思議な食べ物ポップに

A.YAMIさんの展示「今夜のおやつが溶けはじめている」より

A.YAMIさんの展示「今夜のおやつが溶けはじめている」より

  •  
  •  

 イラストレーターA.YAMIさんの展示会「今夜のおやつが溶けはじめている」が現在、新宿・甲州街道高架下部分に設けられたカフェ&クリエイティブスペース「サナギ新宿」(新宿区新宿3、TEL 03-5357-7074)のサナギインキュベーションギャラリーで開催されている。

 A.YAMIさんは1991(平成3)年長野県生まれ。東京造形大学卒業後、シュールレアリスムと食べ物をテーマにしたイラストレーションを制作するなど、アーティスト、イラストレーター、UI(ユーザーインターフェイス)/グラフィックデザイナーとして活動する。

[広告]

 A.YAMIさんは「今回展示しているイラストコレクション『Snacks』は、夢で見るような不思議な食べ物をポップなイラストレーションに展開したもので、アートとしてのイラストレーションを目的に制作した。『アート』は日本ではまだまだ敷居が高いと感じるが、『イラスト』は気軽に多くの人に楽しんでいただけるのではと思った」と話す。

 作品は、無意識の状態で自動記述を行う「オートマティスム」と、あるはずのない場所に置き換えを行う「デペイズマン」などの手法を用いる。A.YAMIさんは「シュールレアリスム絵画に用いられた2つの手法を取り入れた。私自身、食べることが苦手で食べ物に対してネガティブな印象を持っている。そんな食べ物に対し、その時無意識に浮かんだ、嫌悪や恐怖の思いを持つものを組み合わせている。またそれらをほかのものと置き換えたり、相対するものを同じ画面上に表現したり、通常ありえない組み合わせをすることで、不気味で不思議な物体を作り出したいと思った」と話す。

 「『アートを気軽に楽しんでほしい』というテーマに対して、同ギャラリーはまさに理想的な展示場所だと感じている。東京で最先端をいく、おしゃれでかわいいネオトーキョーな場所で、食事を楽しみながら、『なんだか不思議、面白い、変だな、この食べ物は自分と似ているかも』など興味を持って見ていただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時30分。6月18日まで。

  • はてなブックマークに追加