見る・遊ぶ 暮らす・働く

新宿の3人制プロバスケチーム「サンカク」、プロリーグ開幕戦は準決勝で敗退

新宿の3人制プロバスケチーム「サンカク」

新宿の3人制プロバスケチーム「サンカク」

  •  

 3人制プロバスケットボールリーグ「3x3.EXE PREMIER」が6月9日に開幕戦を迎え、関東北カンファレンスに属する「SANKAK(サンカク)」は準決勝で敗退した。チーム運営は「shibuya sankak」(渋谷区)。

 「サンカク」は今季から同リーグに参戦し、新宿区をホームタウンとして活動する。「取引企業が新宿区に多くあり、スタッフも新宿在住が多い」ことから新宿区をホームタウンに設定した。日本人選手4人と外国籍選手2人の計6選手から成る。

[広告]

 3人制プロバスケチームとして初のプロリーグ開幕戦を迎えたが、運営担当の岡田さんは「どうにか開幕できたという安堵(あんど)感が強かった」と話す。「今年発足のチームなので分からないことが多く、開幕までの準備期間まで忙しい日々を送った。おかげさまでさまざまな方から協力を頂き、最低限の準備は間に合い本当に感謝。チームの調整期間が短い中、選手たちもよく頑張ってくれて、ファンの方も会場に足を運んでくれてうれしかった。初日を終えて反省点も多く見つかり、選手・スタッフ共に、これから良くなるチームだと感じた」と開幕戦の舞台裏を明かした。

 「サンカク」は女子チームも所有し、同リーグの女子カテゴリーに参加する。「男女ともにリーグ優勝ができるチームを目指し、チームからオリンピック選手も輩出していきたい。個性豊かな選手がそろっているので、さまざまな場面で選手個々の良さを出したい。もっとファンを増やして、3x3やバスケットボールの普及、地域活性化にも貢献できれば。players firstを大切にし、選手がのびのびプレーできて、「あのチームに入りたい」と思えるようなチーム運営をできれば」と今後のチームビジョンを掲げる。

 ラウンド2は6月16日、ららぽーと立川立飛(立川市)で行われる。