食べる

新宿小田急百貨店で「開店記念 秋の行楽弁当」を期間限定で販売

『味の梅ばち』行楽弁当 1,050円

『味の梅ばち』行楽弁当 1,050円

  • 0

  •  

新宿小田急百貨店(新宿区西新宿1)で、23日より「開店記念 秋の行楽弁当」フェアを期間限定で開催している。

11月3日の新宿小田急百貨店の開店記念日に合わせ、ロマンスカーの特製パッケージに入った「開店記念 秋の行楽弁当」を販売する。同店は、1962年11月3日に開店し、今年で51年目を迎える。
『アイ・ミート・ダイニング』からは「秋の行楽ハンバーグ弁当」、『サラダカフェ』からは「贅沢9種のサラダDeli」、『味の梅ばち』からは「お肉三昧弁当」、『東信水産』からは「本鮪入り贅沢ちらし寿司」、『百千(ももち)』からは「特製えび天むす弁当」、『味燈守卓(みとうしゅたく)』からは「ROLL詰め合わせ もみじ」など、それぞれのお店のおすすめ商品や特徴をいかしたラインナップとなっている。他にも、『おこわ米八』・『古市庵』・『根室杉山水産』・『太郎』・『とんかつまい泉』・『浅草今半』・『銀座天一』・『築地なが田』・『桂林(けいりん)』・『RF-1 SOZAI』・『ローゼンハイムキッチン』・の合計17店舗が参加する。各1,050円・各日各店限定20折(一部店舗では10折)。本館地下2階の惣菜・弁当売場で販売される。

[広告]

「新宿店開店記念に合わせ、普段のご愛顧の感謝を込め、食べやすいお寿司の詰め合わせから、お肉をたっぷり使ったボリューム感あるお弁当まで、行楽のお供にぴったり特製弁当を豊富に揃えました。お出かけ前に、ぜひお立ち寄りください」と同店広報担当・丹野さん。

また、「にっこりとほほ笑みながら“いらっしゃいませ”とお迎えしている顔をイメージした、通称“ニコニコマーク”とも呼ばれる、『小田急百貨店マーク』の焼印が入っているお弁当もありますので、探してみてくださいね」とも。

営業は、10時~20時30分。日曜・祝日は20時まで。同フェアの開催は11月5日まで。