食べる

京王新宿店にチョコレート専門店「モンロワール」-リーフメモリー限定商品も

常設ショップとして京王に登場したモンロワール

常設ショップとして京王に登場したモンロワール

  •  
  •  

 京王百貨店新宿店(新宿区西新宿1、TEL 03-3342-2111)中地階に8月31日、神戸のチョコレート専門店「モンロワール」がオープンした。

 神戸・岡本に23年前、「ヨーロッパ伝統のチョコレートを日本に伝えたい」との思いからオープンしたという同店。店長の前内さんは「おいしさはもちろん、どこか日本らしさ、懐かしさを感じられるようなチョコレート作りにこだわっている」と話す。京王百貨店でのバレンタイン企画や歳暮ギフトで「人気だった」という同店が常設ショップとして登場する。

[広告]

 創業当時からのロングセラー商品が「リーフメモリー」。「3色の小分けの巾着袋の中に、かわいらしい木の葉の形のチョコが詰まっている。『おばあちゃんから手渡してもらった』と懐かしんでお手紙をいただくことも」と前内さん。季節限定の桃色の袋には「山桃」「キャラメル」「ミルク」の3つの味が、緑色の袋には「抹茶」「ダーク」「ミルク」の3味が、橙色の袋には「モカ」「ホワイト」「ミルク」の3味が、それぞれ包まれている。3色セットはギフトボックスでの販売となり、「リーフメモリー・ギフトボックス」(27個入り=1,575円、36個入り=2,100円、60個入り=3,150円)などをそろえる。緑色と橙色がセットになった袋詰めの「リーフメモリー」(250グラム、1,050円)も用意する。

 9月29日には、京王百貨店限定の「リーフメモリー・ブルー」の販売も始まった。「ブルーベリー」「ヨーグルト」「ミルク」の3つの味を青い包装で用意する。袋詰めの「リーフメモリー・ブルー」(250グラム、1,050円)は数量限定販売。

 新鮮で濃厚な生クリームを使用した薄い板チョコタイプの「神戸生チョコレート洋酒風味」「神戸生チョコレート抹茶風味」(各10枚、1,050円)や、楽器や音符をモチーフにした「メロディー・小」(16枚、1,155円)などもそろえる。

 営業時間は10時~20時30分(日曜・祝日は20時まで)。

  • はてなブックマークに追加