見る・遊ぶ

新宿で演劇プロデュースユニット「Ammo」公演 昭和の女性解放運動家テーマに

「Ammo」vol.6 「カーテンを閉じたまま」公演の様子

「Ammo」vol.6 「カーテンを閉じたまま」公演の様子

  • 30

  •  

 演劇団体「Ammo(アモ)」の公演「太陽は飛び去って」が12月2日から、新宿のサンモールスタジオ(新宿区新宿1)で上演される。

vol.7「調和と服毒」公演の様子

[広告]

 同団体は、劇作家・演出家の南慎介さんが立ち上げた演劇プロデュースユニット。「とおくでいきるあなたは、そこでうまれたわたし」をコンセプトに掲げ、南さんほか、俳優の前園あかりさん、津田修平さん、井上実莉さん、吉村公佑さん、メディア担当のC’s naokiさんの6人で活動する。

 コロナ禍で昨年9月から上演が延期となり、本公演としては2年ぶり、8作品目となる今回の上演は、1929(昭和4)年、御茶ノ水の高台にある庭付きの邸宅を舞台に展開する。津田さんは「昭和初期の女性解放運動を主題に、フェミニズムの源流をたどる作品。『元始、女性は実に太陽であった』という名文を残した女性解放運動の大スター・平塚らいてうら雑誌『青鞜』のメンバーらが、女性解放運動から去った後の物語。男女平等を求める女性活動家が積極的に戦争に加担するまでの過程をとある活動家の庭とある一日に凝縮して届けたい」と話す。

 同団体のメンバーに加え、奥野亮子さん、田中千佳子さん、堤千穂さんらが公演に参加する。
 津田さんは「史実や実話をベースに『もしかしたらあり得たかもしれないドラマ』を描いた作品。現代社会とって重要なテーマを考えるきっかけになれば」と期待を寄せる。

 入場料は、前売り=4,000円、当日=4,500円ほか。12月8日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース