食べる

新宿にスパイスカレー「サウスワンダーカレー」 シャンカール・ノグチさん監修

「ワンダーミールス~選べるカレープレート~」

「ワンダーミールス~選べるカレープレート~」

  •  
  •  

 スパイスカレー専門店「SOUTH WONDER CURRY(サウスワンダーカレー)」(TEL 03-6457-4566)が12月19日、「ルミネエスト新宿」(新宿区新宿3)8階にオープンした。運営はポトマック(兵庫県)。

選べる6種類のスパイスカレー。サグカレー、キーマカレーはプラス50円

 リニューアルしたフードエリア「The PARK SHINJUKU」内に設けられた、87席を有する「PARK BAZAAR(パークバザー)」に出店する。同スペースにはほかにピザ、ワッフルキッチンの2つの常設店と、季節ごとに登場するポップアップショップが並ぶ。

[広告]

 南インドカレーをミールス(定食スタイル)で楽しめる。担当者は「スパイスカレーが流行していることが出店のきっかけ。当社は地域に根付いた店作りが根底にあり、同立地は駅直結の施設内ということもあって、同館の主要客層のみでなく、誰にでも敷居低く本格スパイスカレーを楽しんでいただけるようなお店にできたらと考えた」と話す。

 「店を立ち上げる際、お声掛けしてご一緒する縁ができた」と担当者が話すシャンカール・ノグチさんは東京生まれ。アメリカ留学後、インド・パンジャブ地方出身の祖父が開業したインドアメリカン貿易商会の3代目として、インド食品の輸入やオリジナル商品の開発、販売を手掛けてきた。日印混合料理集団「東京スパイス番長」に所属しインド料理のレシピ開発やイベントも行うなど、スパイス商、調合師として活動する。著書に「カレーの教科書」「世界一やさしいスパイスカレー教室」などがある。

 メニューの「ワンダーミールス~選べるカレープレート~」(1,150円)はカレー2種類、ラッサム(スパイスを効かせたトマトの酸味スープ)、週替わりデリ1種、バスマティライス、アチャール(漬物)、パパド(パリパリせんべい)、ヨーグルトがセットになったもの。カレーはポークビンダルー、クルマカレー(ココナッツカレー)、バターチキンカレーなど6種類から選べる。

 「シーフードサモサ」(500円)や「チキン65~南インドのスパイシー唐揚げ~」(600円)などサイドメニューのほか、プレーン、マンゴーなどの「ラッシー」(550円)、「スパイス香るマサラチャイ」(620円、以上税別)などのドリンクメニューもそろえる。

 「オープンから10代、20代と若い方にも多く来店いただき、気軽に本格的なカレーを楽しんでもらっている。具だくさんでスパイスの利いたカレーを味わってもらえたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~22時30分。