3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大久保にカレーと魯肉飯の店 スパイスが利いた2つの味を合い盛りで

大久保にある「魯珈」の「ろかプレート」。カレーと魯肉飯を一皿で提供する

大久保にある「魯珈」の「ろかプレート」。カレーと魯肉飯を一皿で提供する

  • 0

  •  

 大久保駅南口エリアに12月1日、カレーと魯肉飯(るうろうはん)の店「スパイシー カレー魯珈(ろか)」(新宿区百人町1、TEL 03-3367-7111)がオープンした。店舗面積は6.4坪、席数はカウンターのみ9席。

客の顔を見て提供したいと造られた店内はキッチンからカウンター席が見渡せる

 店を一人で切り盛りするのは女性店主の齋藤さん。子どものころから数々のカレー店に両親と出掛けるうちにスパイスカレーに夢中になり、高校生のころにはカレー店を開くと決めていたという。八重洲の「南インドカレー&バル エリックサウス」で7年修業の後、独立した。

[広告]

 提供するのは、スパイスから調合する手作り薬膳カレーと魯肉飯。全国のカレー店を食べ歩く齋藤さんが目指したのは、しっかりとスパイスが利きながら毎日食べても飽きないヘルシーな口当たりのカレー。合い盛りで楽しめる魯肉飯は台湾のソウルフードともいわれる「豚ばら煮込みかけごはん」のこと。「学生時代4年間、台湾で40店舗以上を展開していた魯肉飯の日本支店でアルバイトをした。自分の店を始めるならカレーと同じくらい好きな魯肉飯も一緒に作ろうと決めていた」という。

 「魯肉飯には八角を利かせている。マスターシードオイルを使った高菜や玉ネギ、キャベツの副菜、生野菜が両方をつなぐ役割を果たし、カレーと、思った以上に相性が良かった。最後は全て混ぜて味の変化を楽しめるところは、南インド料理のミールス(定食)にも似ている」とも。

 メニューは合い盛りの「ろかプレート」(950円)、「魯肉飯」(750円)のほか、ラムカレーやクリーミィ野菜コルマカレーなど単品カレーからセレクトできる「選べる2種カレー」(850円)、「ぷちカレー」(ルーのみ200円)などがある。「思ったより需要があった」という弁当は500円から。インドカレーに限らない限定カレーも登場する。

 「大久保はスパイスの仕入れによく通っていたが物件とは偶然の出合い。新宿からの来店もあり、街の人も気さく。お客さまとの距離が近い店で、生の声が聞けるのもうれしい。珍しい合い盛りを、ぜひ味わっていただけたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~16時(火曜・木曜のみ昼=11時~15時、夕=17時~20時)。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加