見る・遊ぶ

新宿中央公園で「TOKYO outside Festival」 フィッシングやヨガも

これまでに開催された「TOKYO outside Festival」の様子

これまでに開催された「TOKYO outside Festival」の様子

  •  

 アクティビティー主体の、遊びに特化したアウトドアイベント「TOKYO outside Festival 2019」が3月23日・24日、新宿中央公園(新宿区西新宿2)で開催される。主催はアウトドア・アクティビティー、イベントプロデュースを行う「outside」。

これまでに開催された「TOKYO outside Festival」の様子

 今年で7回目。各種アクティビティーの体験企画、ワークショップを用意する。「水の広場」(Aゾーン)では、ダカールラリーカーやカスタムカーの展示をはじめ、バンジートランポリンやボールプールを設置するほか、カレーやハワイアンフードを提供するフードコートエリアも展開。

[広告]

 「芝生広場」(Bゾーン、Cゾーン)にはさまざまなアウトドア関連グッズ、スポーツ用品、子ども服や雑貨、ハンモックを使ったリラクセーションやタイ古式マッサージなどのブースが並ぶ。「森エリア」(Dゾーン)はキャンドル制作やカラーサンドアート、レザークラフト、アクセサリー作りからハーバリウム体験、切り絵似顔絵までバリエーションに富んだワークショップを集める。

 昨年も好評だったヨガ関連は「パークヨガエリア」(Dゾーン)で、釣ってその場で食べることができるミニニジマス釣り体験などは「フィッシングエリア」(Eゾーン)で展開する。

 「新宿という場所柄、これまでもカップルや外国の方、子ども連れのファミリーとさまざまな人が足を運んでくださっている。ステージでも開場から30分ごとにパフォーマーを迎え、ジャグリングやヨーヨーの妙技、DJプレーなどを行うので、一日中楽しんでいただけるのでは」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は、23日=9時30分~17時、24日=9時30分~15時30分。入場無料。