見る・遊ぶ

新宿の「ケイズシネマ」でロシア映画一挙公開 10作品を35ミリフィルムで

特集上映「ロシアン・カルト」で上映する作品「こねこ」から(イメージ)

特集上映「ロシアン・カルト」で上映する作品「こねこ」から(イメージ)

  •  
  •  

 新宿の映画館「K's cinema(ケイズシネマ)」(新宿区新宿3、TEL 03-3352-2471)で3月3日から特集上映「ロシアン・カルト」が開催される。

「あなたの知らないロシアがあります」をキャッチフレーズにした「日本におけるロシア年」

 ロシアと日本の交流を深めるために設定された、2018年の「ロシアにおける日本年」および「日本におけるロシア年」を記念して行われる同企画。ロシア映画10作を一挙に公開し、作品は全て35ミリフィルムを使って上映される。

[広告]

 企画したパンドラ(中央区)の担当者は「カルトな映画を集めた。猫の名演技がかわいらしいイワン・ポポフ監督の『こねこ』は、体制転換による混乱が一定程度落ち着いた新生ロシアの作品で、猫と家族の心温まる物語。完成に16年をかけたアレクセイ・ゲルマン監督の『フルスタリョフ、車を!』もお薦め」と話す。

 そのほか1924(大正13)年に作られたソ連初のSF映画で、トルストイ原作の「アエリータ」や、未完のネガが50年近い歳月を経て完成されたという「戦艦ポチョムキン」で知られるエイゼンシュテイン監督の「メキシコ万歳」なども。

 担当者は「世界カルト映画史上に輝く超脱力SF傑作『不思議惑星キン・ザ・ザ』の上映もある。これまでロシア映画になじみがない方も足を運んでもらえたら」と呼び掛ける。

 3月4日は、女優・脚本家の近衛はなさんを迎えたトークイベントも行う予定。

 上映時間は14時10分~、16時20分~、18時30分~。入場料は当日一般=1,500円、学生=1,300円、シニア=1,000円、特別鑑賞券=3,000円(3回券)。3月16日まで。

  • はてなブックマークに追加