天気予報

35

25

みん経トピックス

新宿でメガフード登場新宿で段ボールSL展示

「新宿打ち水大作戦」 昔ながらの風習で涼を得る毎夏恒例の試み

「新宿打ち水大作戦」 昔ながらの風習で涼を得る毎夏恒例の試み

写真は昨年の様子。貸し出されたひしゃくのほか、じょうろやペットボトルを使って打ち水をする参加者も。

写真を拡大

 新宿区の呼び掛けで今夏も「新宿打ち水大作戦」が始まった。ヒートアイランド現象や地球温暖化への対策として2012年から行われている。

新宿区ではのぼり旗に加えて桶も用意している

 アスファルトやコンクリートが多い区内は日中の日差しの蓄熱により、夜間も気温が下がりにくい。昔ながらの風習である打ち水をすることで熱せられた地面が冷え、周辺の気温を下げることができる。

 ホームページで個人から企業まで幅広く参加者を募り、さまざまな場所で打ち水を行う。効果的な時間帯は気温が上がる前の朝と気温が下がり始める夕方。希望者には「ひしゃく」やのぼり旗も貸し出す。

 昨年は115団体、1万2316人が参加。「涼を楽しみながらエコ活動にも関心を持ってもらえたのでは」「浴衣の参加者もいて見た目にも涼しく感じられた」「水をまいた後の風がひんやりとして心地いい」などの感想が寄せられているという。

 実施は9月15日まで。期間外に行う場合は要相談。

グローバルフォトニュース