3密を避けて新しい生活様式へ!

エドウィン・ホーキンスさん来日-ゴスペルの名曲「Oh Happy Day」披露

現代ブラックゴスペルの父・エドウィン・ホーキンスさんとともに50人以上のクワイヤが本場のゴスペルを披露する

現代ブラックゴスペルの父・エドウィン・ホーキンスさんとともに50人以上のクワイヤが本場のゴスペルを披露する

  • 0

  •  

 東京厚生年金会館(新宿区新宿5、TEL 03-3356-1111)で9月23日、映画「天使にラブソングを」で世界中に広く知られるゴスペルの名曲「Oh Happy Day」の作者・エドウィン・ホーキンスさんらによるゴスペルコンサート「Music & Arts Japan 2008」が開催される。

 同公演は、米国ゴスペル界の草分け的存在であるホーキンスさんが、ゴスペル音楽の向上のために25年以上行ってきたカンファレンス「Music & Arts Love Fellowship Conference」の活動の一環で、ウォルター・ホーキンスさん、カルビン・ローン牧師、リチャード・スモールウッドさん、リネッテ・ホーキンス・スティーブンスさんなど、現代ゴスペル界を代表するアーティストに加え、50人以上のクワイア(合唱・ゴスペル音楽の聖歌隊)が出演する。

[広告]

 ホーキンスさんは、1969年にゴスペル初のミリオンセラー「Oh Happy Day」をリリース後、世界中をツアーする中で「芸術としてのゴスペルミュージックに必要な情報が欠落している事」に気付き、若いゴスペルアーティストたちの学びの場として、1979年にサンフランシスコで最初のゴスペルカンファレンス「Music & Arts Seminar」を開催。1994年に実弟のウォルター・ホーキンスさんの主宰する「Love Fellowship Conference」と統合し、現カンファレンスを立ち上げた。

 関連イベントとして江古田の聖書キリスト教会(練馬区)で9月19日~22日、ゴスペルワークショップも行う。内容は、リチャード・スモールウッドさんの講義(ゴスペルアーティストとしての歩み、作曲について)、ディレクション(クワイアの指揮についての奥義と実践)、バイブル(ゴスペルを歌うのに必要な聖書の理解)、ゴスペルダンス、ミュージシャンズ・ワークショップ、ボイストレーニング、プレイズ&ワーシップ(自分たちのやり方で神様を賛美しようという試みの理解と実践)など。

 来日メンバーが総出演するコンサートについて、同イベント広報担当者は「本場そのままの大迫力ステージが繰り広げられる予定なので楽しみにしてほしい」と話す。

 公演開催時間は15時~。前売り券=3,000円、当日券=3,500円。

  • はてなブックマークに追加