伊勢丹新宿店で「フランス展」-ブルターニュ地方の食材を中心に

フランスの食料庫といわれるブルターニュ地方の食材を中心に品揃えをした今回のフランス展

フランスの食料庫といわれるブルターニュ地方の食材を中心に品揃えをした今回のフランス展

  • 0

  •  

 伊勢丹新宿店(新宿区新宿3、TEL 03-3352-1111)はアイ・ガーデン(本館屋上)で、マルシェ(市場)の雰囲気を味わえる「フランス展」を開催している。

 今回は、フランスの食料庫といわれるブルターニュ地方の食材を中心に、デザート、総菜、ワイン、グローサリー、リビング用品まで取りそろえ、会場を「フランスの街角のマルシェに見立てた」(同イベント担当者)演出をしている。

[広告]

 イートインコーナーでは、名店「オーベルジュ・デュ・ポン・ダシニエ」のシェフ・シルヴァン・ギュモさんのサン・ジャック(ホタテ貝)料理や、人気店「スリジェ」のシェフ・豊島正さんの豚肉料理など、有名シェフやパティシエの料理を提供する。トップパティシエの川村英樹さんとパスカル・ポションさんが共同で完成したグランデセールは、2人がその場で調理して販売する。会場内には、1956年カンヌ国際映画祭パルムドール作品「赤い風船」のデジタル・リマスター記念として、同作品をイメージした期間限定カフェ「カフェ ル バロン ルージュ」も。

 営業時間は、10時~20時(最終日のみ18時まで)。5月6日まで。

伊勢丹新宿店で「フランス展」-リヨンの若手シェフ4人が来日(新宿経済新聞)伊勢丹で「フランス展」-仏三ツ星レストランの味が一堂に(新宿経済新聞)赤い風船伊勢丹新宿店

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ