食べる

新宿に「俺のベーカリー&カフェ」 都内3店舗目、イートインスペースも

「俺のBakery & cafe」で提供する「俺の生食パン~香~」

「俺のBakery & cafe」で提供する「俺の生食パン~香~」

  •  

 京王新線新宿駅のすぐ近くにある地下街「京王モール」(新宿区西新宿1)に、「俺のBakery & cafe(ベーカリー&カフェ)」(TEL 03-6258-0358)がオープンして1カ月半がたった。運営は俺の株式会社(中央区)。

「俺のBakery & cafe」内観(イメージ)

 「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」など、「俺の~」シリーズを手掛ける同社。同ベーカリーは、恵比寿、銀座に続く3号店になる。

[広告]

 新宿に出店したきっかけについて、担当者は「山手線内の駅近物件を探している中で、良いご縁をいただいた」と話す。「場所柄、昼間は新宿に買い物に来られた方、特に主婦層が多く、夕方になると帰宅途中のビジネスパーソンも来店してくださっている」とも。

 店舗ごとに商品のラインアップが異なるのが特徴といい、「同店は店内のオーブンで焼く、焼き立てのクロワッサンがお薦め」と担当者。看板商品として全店舗で提供する「俺の生食パン~香~」は、北海道産小麦「キタノカオリ」をブレンドした小麦粉と、岩手県「中洞(なかほら)牧場」の自然放牧乳の脱脂乳を使う。担当者は「クッキーのような甘い香りと、フワフワでモチモチとした柔らかさが特徴。トーストせずにそのままの食感と味を楽しんでいただけたら」と話す。

 価格は「俺の生食パン~香~」(2斤1,000円)、クロワッサン(380円)。ほかに「俺のフレンチ」料理長がプロデュースする「厚焼き卵サンドイッチ」(680円)やフルーツサンドイッチ(880円)も。

 イートインスペースも5席併設。コーヒーや、食パンに使っている牧場の「中洞牛乳」などの販売も行う。

 営業時間は10時~21時。