食べる

京王百貨店にロッテ「生チョコパイ」専門店 鎧塚俊彦さん監修

フォークとナイフを使用して食べる「生チョコパイ」は全部で4種類。

フォークとナイフを使用して食べる「生チョコパイ」は全部で4種類。

  •  
  •  

京王百貨店(新宿区西新宿1 )中地下菓子売り場に4月19日、「生チョコパイ専門店」が期間限定でオープンした。

 新宿に本社を構えるロッテは発売から35周年の「チョコパイ」を、素材と濃厚さにこだわりケーキのような「生」仕様で仕立てた「生チョコパイ」を開発。1年間の期間限定で京王百貨店に出店した。

[広告]

 チョコパイは、「Toshi Yoroizuka(トシ・ヨロイヅカ)」のオーナーシェフ鎧塚俊彦さんが監修。鎧塚さんがこだわった素材を使う。商品は、丸ごとイチゴとピスタチオで仕上げた「FRAISIER(フレジェ)」、宇治抹茶と焙煎(ばいせん)クルミで仕上げた「UJI MATCHA(宇治抹茶)」、中煎(い)りモカコーヒーと自家焙煎のマカダミアで仕上げた「ETHIOPIA MOCHA(エチオピア モカ)」、ラム酒とカリフォルニア産レーズンを漬け込んだ自家製ラムレーズンで仕上げた「BABA(ババ)」の4種類。

 焼き菓子企画課の本原さんは「ロッテ本社と同じ沿線・エリアにある京王百貨店新宿店に1年間限定でオープンした。生チョコパイは、こだわり抜いた厳選素材と濃厚さにこだわった本格的な生品質が特徴。消費期限も2日間で、その時しか味わえないおいしさを通じて新しいチョコパイ体験をしていただけたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時30分(日曜・祝日は20時まで)。

  • はてなブックマークに追加