天気予報

18

14

みん経トピックス

新宿中央公園で野外上映企画新宿でボッチャ体験イベント

歌舞伎町に「VR ZONE SHINJUKU」 国内最大16種のVRアクティビティ

歌舞伎町に「VR ZONE SHINJUKU」 国内最大16種のVRアクティビティ

歌舞伎町にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」館内の様子

写真を拡大 地図を拡大

 新宿の歌舞伎町エリアに7月14日、国内最大級のVR(バーチャル・リアリティー)エンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」(新宿区歌舞伎町1)が期間限定でオープンした。施設面積は1100坪で、16種類のVRアクティビティなどが体験できる。

「極限度胸試し ハネチャリ」。VRゴーグルと専用体感マシンで空を飛んでいるような臨場感が体感できる

 VRをはじめとした最新技術と、体感マシン開発技術を掛け合わせることで「実際にはできないような体験を本物の体験として実現」する「Project I Can」は、各地でVR体験施設やコーナーを展開してきた。

 エグゼクティブプロデューサーの小山順一朗さんは「当プロジェクトは、1階で体験できる『高所恐怖SHOW』から始まった。最新コンテンツもお薦めだが、初めての方には、素直にVRの驚きを体験できるこのアクティビティで、まずは地上200メートルの世界を体験してもらえたら」と話す。

 同フロアはほかに、本物の巨大風船を使った「パニックキューブ」や7メートル級のクライミングウオールでボルタリングが楽しめる「トラップクライミング」、バーチャルリゾートカフェ&ダイニングなどを開設。

 2階は「ドラゴンボール」や「エヴァンゲリオン」「マリオカート」など人気のキャラクターを用いたアクティビティが並ぶ。プロモーション担当の近藤千裕さんは「足こぎグライダーで大自然の中を自由に飛行するスリルが味わえる『ハネチャリ』や、恐竜サバイバル体験ができる『絶望ジャングル』などのオリジナルコンテンツも楽しんでもらえたら」と話す。

 「近年の新宿は、これまでのイメージとは違う芸術文化の新しい発信地としての側面でも注目されているように思う。当館もVRの魅力を発信し、海外からの観光スポットとしても足を運んでもらえたら」とも。

 小山さんは「友達など皆さんでたくさん笑って騒いで楽しんでもらえる場所になれれば。VRゴーグルを装着して目の前に広がる世界を体験してみてほしい」と来館を呼び掛ける。

 営業時間は10時~22時(最終入場時間21時)。料金は1day4チケット=4,400円(入場チケット+4種のアクティビティ体験チケット)ほか。13歳未満はVRアクティビティの体験は不可。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング