食べる

新宿住友ビルの三角広場でマルシェ 毎週水木に30店出店

徳島県から参加している『日和佐燻製工房』試食もできる。

徳島県から参加している『日和佐燻製工房』試食もできる。

  •  
  •  

新宿住友ビル(新宿区西新宿2)1階入り口前の三角広場で毎週水曜・木曜、「新宿マルシェ」が開かれている。出店数は約30店で、地方の特産物や手作りの商品を並べている。

 昨年8月に試行的にスタートし、翌9月から本格的に開催。現在では1日5000人が来場するイベントになっている。

[広告]

 マルシェでは、新鮮な食材を使った弁当やスイーツを販売し、イートインインスペースで食べることもできる。フードカーは、鹿児島県から「ブリうま食堂」、青森県からは「リンゴの春巻き」などが出店し、昼時には行列ができる。

 食物繊維や天然酵母を使ったパンや焼き菓子のほか、ネットでしか取り扱いのなかった「築地市場ドットコム」掲載商品なども販売。徳島から出店している「日和佐燻製工房」は、ウツボやシイラ、エイヒレなどの珍しいスモーク商品を扱う。

 マルシェを運営する「Farm to Table」(西新宿8)の荒竹社長は「新宿マルシェでは、単なるにぎやかしではなく、お客さまと出店者の皆さんとが対話を通じて理解を深め、日常的に交流していく下地となる場を作り出すことを目指す。新宿で働く方から観光で来た方までが幅広く楽しめるマルシェなので、ぜひお越しいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は11時30分~19時。

  • はてなブックマークに追加