3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

新宿ワシントンホテルで「泊まれる美術館」をテーマにした客室-「The Arty Hotel」

「The Arty Hotel」

「The Arty Hotel」

  • 0

  •  

 西新宿の新宿ワシントンホテル(新宿区西新宿3、TEL 03-3343-3111)で現在、「新宿クリエイターズ・フェスタ2013」とのコラボレーション企画で「泊まれる美術館」をテーマにした「The Arty Hotel」を実施している。

 同フェスタは2011 年から開催され今年で3回目となる。前回は10日間の開催でのべ29万6000人を動員。今回の特別展では、昨年新宿の街をアートの世界に染めた世界的前衛芸術家で新宿区名誉区民である草間彌生さん、CGアートの第一人者であり第63回芸術選奨文部科学大臣賞や2013年春の紫綬褒章を受章するなど国内外で高い評価を受けている河口洋一郎さん、新宿に縁の深い世界的写真家の森山大道さんなど日本が誇るアーティストが参加している。

[広告]

 同コラボ企画は、同ホテル本館の客室とカフェ&バー「バロン」の店内を銅版画家の松本里美さん、版画家の蟹江杏さん、イラストレーター・グラフィックデザイナーのサダヒロカズノリさんがプロデュースしている。

 「コラボレーションルーム『泊まれる美術館 The Arty Room』は、客室に蟹江さんと松本さんの作品の世界感を表現し、まるで美術館に泊まるような体験を味わうことが出来る」と新宿ワシントンホテル支配人の大島さん。「8月30、31日はスペシャルデーとして、アーティストが客室に登場するサプライズサービスなどの特典もご用意している。お客様にアートを身近に感じていただくとともに、新宿の活力づくりの一助となれば」とも。

 また同カフェではアート作品の展示に加え、蟹江さんの代表作「赤ずきん」をモチーフにしたカクテル「大人になった赤ずきん-Miss Red Riding Hood-」を提供する。

 カフェ&バーの営業時間は6時30分~23時30分。同企画は9月8日まで。客室の予約は電話・ホームページなどで受け付けている。

Stay at Home