ユニバーサルデザインオペラの集大成「歌劇『天空の町』~別子銅山と伊庭貞剛~」が東京公演開催

ユニバーサルデザインオペラの様子

ユニバーサルデザインオペラの様子

  • 0

  •  

 NPO法人東京オペラ協会(代表、石多エドワード)が主催する、ユニバーサルデザインオペラ「歌劇『天空の町』~別子銅山と伊庭貞剛~」が東京・新宿文化センター大ホール(新宿区新宿6)にて9月16日に開催される。

 ユニバーサルデザインとは年齢や障害の有無に関わらず、誰もが利用可能なデザインのことを指す。ハンデを抱えた方、小さな子ども、年配の方も出演しており、そういった方々が一流の歌手や役者と同じ舞台で公演する。NPO法人東京オペラ協会では、1976年の発足当時から誰もが活躍できるユニバーサルデザインオペラを提供し続けている。

[広告]

『歌劇「天空の町」~別子銅山と伊庭貞剛~』の舞台となるのは、愛媛県の別子銅山。本作は、当時の銅鉱石の発掘、精錬で荒れ果てた山々をあおあおとした緑溢れる自然に還した明治の偉人「伊庭貞剛」の生涯にクローズアップして作られている。

本公演広報担当者は「このオペラ歌劇は、明治の頃四国にあった別子銅山が煙害で荒れ果てていた時、万難を排して緑の山に戻し、最後には『晩晴』の境地に至った伊庭貞剛を主人公にしたものです。日本の心を表現します。どうぞお楽しみに」と語る。

 17時開演。チケット特別席7000円、指定席5000円、自由席3000円(各当日券1000円増し)。チケットのお求めはタートルウィングスチケット、イープラス、スマートイープラス、チケットぴあのいずれかからご購入いただけます。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース