3密を避けて新しい生活様式へ!

新宿サザンテラスに「クリスピー・クリーム・ドーナツ」日本1号店

新宿にクリスピー・クリーム・ドーナツの日本1号店(写真=オリジナル・グレーズド ダズンボックス)

新宿にクリスピー・クリーム・ドーナツの日本1号店(写真=オリジナル・グレーズド ダズンボックス)

  • 0

  •  

 企業再生支援などを手がけるリヴァンプ(港区)はロッテ(新宿区)と共同で12月15日、新宿サザンテラスに「クリスピー・クリーム・ドーナツ 新宿サザンテラス店」(渋谷区代々木2、TEL 0120-1072-89)をオープンする。

 場所は、サザンテラス内にある2階建て店舗を改装したもの。1・2階の総店舗面積は290平方メートルで、1階はベルトコンベヤー式ドーナツマシンを設置した「ドーナツシアター」を併設しているのが特徴。店内やテラスからガラス越しにドーナツが出来上がる工程を見ることができる。2階はカフェスペースで、テラス側にカウンター席を20席、フロアにテーブル席を約40席配置し、壁面に全店舗共通のイメージイラストを描いたシンプルな空間になっている。

[広告]

 メーンメニューは、併設のドーナツマシンで製造される「オリジナル・グレーズド」で、同メニューのみ150円で提供する。オリジナル・グレーズドは、同社創業のきっかけとなった「秘密のレシピ」で製造したイーストドーナツにグレーズ(砂糖)をコーティング、「サクッとした食感とふんわりとした口どけの良い生地」(同社)が特徴。入口の「HOT NOW」と書かれたライトが点灯している間は、出来たての「オリジナル・グレーズド」を提供する。1日の点灯時間は約10時間で、約24,000個を製造するという。同メニューのバリエーションで表面にチョコレートをコーティングした「チョコレート・グレーズド」や、グレーズのかわりにグラニュー糖をまぶした「シュガー」のほか、「グレーズド・クルーラー」や「シナモンアップル」など13種類を提供する。価格は170円。

 ドリンクは、アラピカ種100パーセントのコーヒー豆を使用したオリジナルドリップコーヒー「クリスピー・クリーム コーヒー リッチ」(270円/S)のほか、ソフトドリンク、フローズンドリンクなど約36種類を提供。そのほか、オリジナルグッズとしてキャップ(1,890円)、Tシャツ(2,625円)、マグカップ(800円)も店内で販売。オープン記念として、12個入りの「オリジナル・グレーズド ダズンボックス」2箱と「Tokyoオリジナルタンブラー」のセット(3,800円)を300個限定で販売する。

 想定客単価は800円。ターゲット層は子どもから年配者と幅広いため、様々な年齢層が集まる新宿に出店を決めたという。

 「クリスピー・クリーム・ドーナツ」は1937年、米国で創業した老舗のドーナツチェーンで、現在は世界10カ国で約400店舗を展開している。同店は日本1号店。運営は、今年7月に両社が出資して設立した新会社「クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン」が行う。今後、国内では5年間で30~50店舗の出店を計画しているという。

 営業時間は、7時~23時。無休。

クリスピー・クリーム・ドーナツ関連記事(新宿経済新聞)

  • はてなブックマークに追加