小田急新宿店に築地の味-生マグロの解体やアンコウのつるし切りも

限定販売する、つきぢ田村の「つきぢ三昧(2段重)」(3,780円)

限定販売する、つきぢ田村の「つきぢ三昧(2段重)」(3,780円)

  • 0

  •  

 小田急百貨店新宿店(新宿区西新宿1、TEL 03-3442-1111)で11月5日より、「日本の台所 築地の粋な味めぐり」が開催される。会場は本館11階。

 「日本の食文化や人情味を色濃く残す築地」をテーマとした同イベント。同店では初の試みで、食品店31店舗(うちイートイン6店舗)、食器店・雑貨6店舗が出展。通常の物産展より多い店舗数が登場。料理人や築地で働く仲買人が使用している道具類、観光客に土産として人気の「築地グッズ」なども展開する。ほかにも、第2会場となる本館地下2階の鮮魚売場では、生マグロの解体やアンコウのつるし切りなどの実演販売を行い、「築地の雰囲気を盛り上げる」(同店広報担当者)。

[広告]

 特別限定品として、つきぢ田村の「つきぢ三昧(2段重)」(3,780円)(販売時間=各日11時~、15時~、各回限定20折)を販売。イートインでは、築地鳥藤の「親子丼」(900円)、築地魚河岸三代目千秋の「まぐろ漬け丼」(1,000円)を提供する。

 同店広報担当者は「今まで名前は知っていても足を延ばしにくかった人気や有名店のメニュー、普段なかなか手に入らない地元ならではの味や技を気軽に楽しめる。幅広い年代層に注目を集める物産展になるのでは」と期待を寄せる。

 営業時間は10時~20時。同9日まで。