西新宿にトウガラシ料理専門店-赤トウガラシベースの「赤ちり鍋」など

コラーゲン入りのメニューも取り扱う、トウガラシ料理専門店「赤ちり亭新宿店」の「赤ちり鍋」

コラーゲン入りのメニューも取り扱う、トウガラシ料理専門店「赤ちり亭新宿店」の「赤ちり鍋」

  •  

 飲食店の開業や独立支援を手がけるインターブレインズ(大田区)は4月1日、トウガラシ料理専門店「赤ちり亭新宿店」(新宿区西新宿1、TEL 03-3347-1415)をオープンした。

 同店は、契約農家直送の無農薬トウガラシや野菜、7種の極辛調味料を使用。鍋やギョーザなどにコラーゲンも入れる。店内は壁の打ちっ放しやいすを赤にし、「モダンで洗練されたカフェ風のイメージ」(同店広報担当者)でまとめた。店舗面積は25坪で、席数は50席。

[広告]

 主なメニューは、赤トウガラシベースの「赤ちり鍋」(840円)、とんこつベースの「白ちり鍋」(997円)、柔らかい豆腐を使用した韓国式鍋料理「すんどぅぶ(純豆腐)」(780円)、「美肌系!ふかひれコラーゲンの姿煮」(997円)、「フカヒレコラーゲンのあんかけ石焼ごはん」(997円)、「危険!スーパーハバネロチキン」(199円)など。

 「純豆腐は、韓国では国民的人気のある料理の一つ。このスープは「赤ちり鍋」と同じく、鳥ガラと野菜をじっくり煮込んだ。合わせみそに『赤ちり味噌』を使い、豆腐に合う濃厚なものに仕上げた。具には豆腐のほか、シメジ、キャベツ、卵黄、ニラなどを使した。周辺にオフィスが多い新宿店では、サラリーマンやOLに来店していただけるよう、ランチタイムのメーン料理としてナムルやデザートを付けて提供する」と話す。コアターゲットは20~30代の女性で、客単価は2,700円を見込む。

 営業時間は11時30分~24時。