東京オペラシティで「北欧モダン デザイン&クラフト」展

現在も人気が高い北欧モダンと呼ばれる独特のデザインの歴史を振り返る展示会が開催される

現在も人気が高い北欧モダンと呼ばれる独特のデザインの歴史を振り返る展示会が開催される

  •  

 東京オペラシティ(新宿区西新宿3、TEL 03-5353-0700)は11月3日より、北欧デザインの魅力とルーツをさぐる「北欧モダン デザイン&クラフト」展を開催する。

 同展は、「北欧モダン」スタイルが形成された1950~60年代の黄金期の北欧デザインを、アートギャラリーの全展示室を使って包括的に紹介するもので、「伝統・機能・表現」の3要素に分けた作品展示のほか、講演会やトークイベントも予定している。

[広告]

 北欧デザインとは、スカンディナビア半島に並ぶノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマークで育まれた共通のデザインアプローチで、厳しい気候や広大な自然や人口密度の低さなどの理由から、人々が家に集うための「居心地のよいインテリア」が必然的に発展した。

 また、北欧デザインは長い冬を明るく過ごすために「鮮やかな色」と「美しい光」で彩られるという特質があり、デンマークのハンス・J・ウェグナーさん、スウェーデンのステイ・リンドベリさん、フィンランドのタピオ・ウィルッカラさんなどの個性的なデザイナーやグッド・デザインを奨励する企業が一丸となって、「北欧モダン」と呼ばれるスタイルが形成された。現在はヴェルナー・パントンやエーロ・アアルニオの未来主義的なプラスティック家具、マリメッコのテキスタイルに代表される若々しい製品が有名。

 11月4日に開催する「デンマークの家具デザインについて」と題する講演会は、北海道東海大学芸術工学部の織田憲嗣教授を講師に迎え、北欧家具デザイナーとの親交エピソードを中心に構成。11月17日に開催する「アンチ・北欧モダン デザイン&クラフト」トークショーは、アンドレアス&フレデリーカ(スウェーデン若手クリエーティブ・ユニット)をゲストに迎え、現代デザインとスウェーデンの50~60年代のグラフィックデザイナーについて語り合う。

 開館時間は11時~19時(金曜・土曜のみ20時まで)。入場料は、一般=1,000円、大学・高校生=800円、中学・小学生=600円。月曜休館。来年1月14日まで。

東京オペラシティ