見る・遊ぶ 学ぶ・知る

歌舞伎町でフラワー&アートイベント シネシティ広場を生花で彩る

「歌舞伎町Flower & Art 2018」 シルバーウィークにフラワーイベント開

「歌舞伎町Flower & Art 2018」 シルバーウィークにフラワーイベント開

  •  

 新宿・歌舞伎町シネシティ広場で9月22日~24日の3日間、生花を使ったフラワーイベント「歌舞伎町Flower & Art 2018~生花が彩るインスタレーション~」が開催される。主催はティー・エフ・シー東京フロリネット(日野市)。

 吉住健一新宿区長が実行委員長を務め8回目を迎える都市型アートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ」の一環。会場では全国各地の生花や植物を使ったアートを展開する。

[広告]

 期間中、生花で彩られた会場ではオペラ歌手の田村麻子さんが「癒やし」「花」をテーマに選曲したクラシックの名曲をフルート&ハープのアンサンブルで披露するほか、食べられる生花「エディブルフラワー」を使ったグルメの出店や、フラワーアレンジメントやハーバリウムなどのワークショップも企画している。

 多摩生花地方卸売市場として1950(昭和25)年に立川で開場した同社。今回、新宿区で初となる生花を使ったフラワーイベントを企画・運営する。蟹江太郎社長は「歌舞伎町という都会のど真ん中で、来場いただいた方に生の花や植物の力を楽しんでいただく試み。一流の音楽やエディブルフラワーなどと一緒にイベントを楽しんでいただきたい」と話す。物販ブースではミニブーケや鉢物、ガーデニング用品などを販売。「日常に生花を添える楽しみを持ち帰っていただけたら」とも。

 子ども向けイベントとして23日10時~12時、「こどもアートテラス ゴジラの下で花畑を描こう!」も企画。ホテルグレイスリー新宿(新宿東宝ビル)8階、ゴジラヘッドのあるテラスで大きなキャンバスにお絵描きを行う。完成した作品は10月8日まで、同ビル1階エントランスに展示。当日限定で会場テラスにも花畑が出現し、花に囲まれたゴジラと一緒に記念撮影ができる。お絵描きイベントに参加した子どもにはガーベラを進呈(限定200本、無くなり次第終了)。同品をシネシティ広場内の同社ブースで提示するとバルーンを進呈する。

 同イベントプロデューサーで新宿クリエイターズ・フェスタ参加アーティスト、版画家の蟹江杏さんは「花はアーティストにとって永遠のモチーフであり、かつ美のライバル。新宿区初となる生花とアートのコラボレーションをお楽しみいただければ」とアピールする。

 開催時間は11時~19時30分(飲食ブースは11時30分~19時30分)、フルート&ハープ演奏:各日12時10分~、13時10分~、15時10分~、田村麻子さん出演・フルート&ハープ演奏:各日16時10分~(各30分間)。