天気予報

20

14

みん経トピックス

歌舞伎町でブラジルイベント新宿で塩むすびイベント

一頭買いの短角和牛を5店で限定メニューに 新宿ニュウマン1周年で

一頭買いの短角和牛を5店で限定メニューに 新宿ニュウマン1周年で

「ガーデンハウス」で提供する、柔らかな内もも肉を厚切りカットした「短角和牛のカツレツ」(2,315円)

写真を拡大 地図を拡大

 新宿駅新南口の商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」(TEL 03-3352-1120)が現在、開業1周年を記念した食のイベント「フードフェスティバル」を展開している。館内5つのレストランで、一頭買いした「いわて短角和牛」を限定メニューで提供する。

1日限定10食「サロン ブッチャーアンドビア」の「短角和牛のロースト 牧草の瞬間燻製」(3,800円)

 2016年3月の開業から1周年を迎えた同施設内のレストランについて、営業部の吉田さん、奈良さんは「日中は女性グループ、夜はオフィスワーカーや夫婦、カップルの方など、ターゲットとしていた30~40代の大人のお客さまに多く利用していただいている」と話す。

 同イベントは「当レストランでしか食べることのできないメニューに対する反応が良かった。ニーズの高さを実感し『今だけ・ここだけ』で食べることのできる特別限定メニューができないか検討した」という。

 「食材を選ぶ段階で、ウエルネス食材として注目を集めていた赤身肉に出合った。岩手の雄大な自然の中で飼育されうま味が詰まった『短角和牛』の味をお客さまに伝えられたらと、館内で牛肉を取り扱う店を対象に企画説明会と試食を行った」と担当者。キャンペーン展開に5つのレストランが賛同し、実際に岩手県の産地に参加店のシェフと足を運び試作を行い、限定メニューを開発した。

 「出荷頭数が少なく部位ごとの購入が難しいので、一頭買いを決め産地へ対して責任を果たすとともに、購入単価を下げることにつなげた。店ごとの希望部位と希望量を調整し、各店のシェフとメニューを考案することで実現につながった」とも。

 参加店は「タバーン オン<エス>」「ベーカリー&レストラン沢村」「ガーデンハウス」「800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア」「サロン ブッチャーアンドビア」の5店。

 「年間800頭しか出荷されない希少性の高い和牛を、各店ならではのメニューで味わっていただけたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間はビル11時~21時30分、フードホール7時~28時、800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア11時~23時。4月23日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

新宿「フォトグラファーズギャラリー」で個展 写真家が共同運営「フォトグラファーズギャラリー」が年1回発行する機関誌「photographer’s gallery press」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング