食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

新宿駅周辺で「新宿芸術天国」 新たにグルメ・スポーツイベントも

新宿の街を楽しめるよう4つのキーワードでイベントを展開

新宿の街を楽しめるよう4つのキーワードでイベントを展開

  •  

 新宿駅周辺各所で10月22日、「新宿芸術天国2016」が開催される。現在行われている第37回「大新宿区まつり」のメインイベントの一つとして、新宿区最大の区民まつり「ふれあいフェスタ2016」とともに開かれる。

 新宿の街を盛り上げていこうと、これまでパレードや大道芸人によるパフォーマンスなど、さまざまなイベントが行われてきた同イベント。前回に引き続き、「ファッション」をキーワードにしたステージでは、新宿を代表する百貨店・大型店舗と、ファッションを学ぶ学生たちの企画によるファッションイベントを予定。ファッションショーのほか、トークショー、チアダンスパフォーマンスなども行う。

[広告]

 「映画のまち・新宿」として、大手シネコン、映画館など7館共同による映画イベント「新宿シネマズナイトアウト」は10月21日~23日に開催。日本・アジアの若手監督作品を連日上映する。東京国際映画祭の提携イベントとして、フランス新人監督による5作品も上映するほか、映画関係者の登壇も予定する。

 今年新たに加わったキーワードが「グルメ」と「スポーツ」。「近年海外からの観光客が、新宿ゴールデン街や新宿西口思い出横丁などへ多く足を運ぶようになったこともあり、これまで伝えきれなかった新宿の食の魅力を紹介できたら」とイベント担当の高木さんが話すのは「新宿街バルウィーク」。老舗の居酒屋やバルが集まる6エリアの飲食街がこれまで独自に開催してきた街バルを、新宿初イベントとして10月30日までの1週間、同時開催する。「エリアごとに違った雰囲気。区内のあちこちで街バルが行われているので、食べたり飲んだり街歩きを楽しんでもらえたら」とも。

 2019年のラグビーのワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、スポーツイベントとして加わった「ストリートラグビー」は、歌舞伎町内に設置された人口芝で開催を予定。「ラグビーはあまり経験がないかもしれないが、安全で簡単に楽しめるこのイベントで、大人も子どもも気軽に体験してもらえたら」と高木さん。

 各イベントの開催日程、参加費など詳細はホームページで確認できる。