新宿の日清食品東京本社に株価連動型社員食堂「KABUTERIA」

「クリエイティブガレージ」がコンセプトの食堂は、創業者・安藤百福の自宅裏庭の研究小屋をイメージ。

「クリエイティブガレージ」がコンセプトの食堂は、創業者・安藤百福の自宅裏庭の研究小屋をイメージ。

  •  
  •  

日清食品ホールディングス」東京本社(新宿区新宿6)内の社員食堂が3月30日から、株価と連動してメニューを決める「KABUTERIA(カブテリア)」の取り組みを始めた。

 同社の株価と連動し、当月末の終値が前月の月平均株価を上回った場合は「マグロの解体ショー」を行ったり、「世界三大珍味祭り」などのイベントを行ったりする「ごほうびデー」を月2日間設定する。

[広告]

 当月末の株価が前月平均を下回った場合は、「お目玉デー」として翌月2日間、質素な食事メニューとなる。

 「お目玉デー」は予告なしに行うといい、役員数人が給食着で社員に配膳するなど、社員に向け今後の自らの行動を考え直す日にするという。

 栄養スコアはいずれも計算されたメニューを用意。同取り組みは、常に社員が自社の株価を意識し、企業価値を向上するために社員一人一人が何をすべきかを考えながら行動できるようにするのが目的という。

 社員の岡林さんは「主菜、副菜、スープ、健康米、デザートなどヘルシーなメニューがビュッフェスタイルで豊富に提供されているため、毎日のランチがとても楽しみ。日々の株価もこれまで以上に意識するようになった」と話す。

  • はてなブックマークに追加