ヤマダ電機が新宿東口に進出-地下商店街サブナードと直結

工事用の囲いが建てられているヤマダ電機の出店予定地 (7月13日撮影)

工事用の囲いが建てられているヤマダ電機の出店予定地 (7月13日撮影)

  •  
  •  

 家電量販最大手のヤマダ電機(群馬県前橋市)が、新宿東口に出店することが明らかとなった。出店予定地は、新宿大ガードと靖国通り沿いに面する場所。

 現在さら地となっている敷地面積1,675.60平方メートルにビルを新築するもので、地下4階地上9階建て、建築面積=1,483.91平方メートル、高さ=52メートル。建築主はアミューズメント事業や不動産事業などを手がけているユニカ(新宿区西早稲田2)で、設計は松田平田設計(港区)が担当する。ビルの仮称は「ユニカ新宿ビル」。着工予定は2008年1月、工事完了は2009年12月を予定。地下2階で、既存の地下商店街「サブナード」と直結する。

[広告]

 同ビルにはヤマダ電機の物販店舗のほか、飲食店として吉野家(本社=新宿区新宿)の出店も予定されている。

  • はてなブックマークに追加