見る・遊ぶ

Cafe & Meal MUJI 新宿で作品展「化け猫と幻獣」-京極夏彦氏の書籍装丁画の石黒亜矢子さん-

「化け猫と幻獣」

「化け猫と幻獣」

  • 0

  •  

 無印良品MUJI 新宿の「Cafe & Meal MUJI 新宿」(新宿3、TEL 03-5367-2726)で7月23日まで、京極夏彦氏の書籍装丁画などでも知られるアーティストの石黒亜矢子(いしぐろあやこ)さんの作品展「化け猫と幻獣」が開催されている。

 同イベントは、家具製造販売の株式会社イデーが「インテリアとして生活の中で気軽に楽しめる」アート作品をセレクトし展示・販売する「IDEE Life in Art(イデー・ライフインアート)」 の第20弾として行われる企画展。

[広告]

 石黒亜矢子さんは1973年生まれの画家。主に妖怪、空想の生き物や猫などの絵本や装丁画、挿絵などを描き、個展や企画展などで作品を発表。個展「化け猫展」、伊勢丹新宿にてCat's ISSUE×石黒亜矢子「化け猫うちわ展」、ギャラリーウレシカ企画展「パーティ!」などに参加。自著に「平成版物の怪図録」、「おおきなねことちいさなねこ」、京極夏彦さんの「豆腐小僧双六道中ふりだし」の装丁画を担当。

 「化けているというのになぜか愛しい、なまあたたかい気配を感じる独特の世界観です」と、広報担当。「日常の品々への愛着と浮遊する思惑が変形し写し出した、滑稽な彼らの姿(石黒氏談)にはくすりと、ひと笑いせずにはいられません。是非ご覧ください」とも。

 Cafe & Meal MUJI 新宿の営業時間は11時~21時(ラストオーダー20時)。鑑賞にはドリンクまたはフードのオーダーが必要。