食べる

伊勢丹新宿店で「春の北海道特集」-総菜、弁当、スイーツなど11社が出店

札幌「市場めし 兆」の兆弁当

札幌「市場めし 兆」の兆弁当

  •  
  •  

 伊勢丹新宿店(新宿区新宿3、TEL 03-3352-1111〈大代表〉)本館地下1階フードコレクションで、4月16日より「春の北海道特集」が開催されている。

余市郡赤井川村「アリスファーム」のブルーベリーマフィン

 同コーナーでの北海道特集は今回で6回目となり、計11社が出店。ぱりぱりした皮とジューシーな肉が特徴の小樽市「なると屋」の若鶏半身揚げをはじめ、地元産の活ホッキ貝と北海道産豚肉を合わせた北斗市「華隆(かりゅう)」のホッキしゅうまい、道南産のスルメと真昆布のうまみに数の子の食感が絡み合った函館市「布目」の本数の子黄金松前など、昔から地元で親しまれている味や素材の持ち味を活かした北海道ならではの逸品をバイヤーのお薦めとして紹介する。

[広告]

 また実演販売コーナーでは、自社加工したタラバ蟹や北海道産のホタテ、イクラなどをたっぷりと乗せた札幌「北海工房」の北海デラックス弁当や、厳選したサーロインを使用した函館「やきにくれすとらん 沙蘭」のサーロインステーキ重、札幌市中央卸売市場のイクラやウニなど海鮮を豪快に盛った札幌「市場めし 兆(きざし)」の兆弁当などが提供される。

 「注目は、地下1階では初登場となる『アリスファーム』の焼きたてブルーベリーマフィン。北海道・赤井川村にある農園で収穫されたブルーベリーをふんだんに使用し、小麦粉や砂糖、ミルク、卵まで北海道産にこだわって焼き上げており、農園に併設するホテルの朝食としても人気が高い。しっとりしたマフィンと、ブルーベリーの甘味や酸味が絶妙にマッチしている」と担当者。

 営業時間は10時30分~20時。4月22日まで。

  • はてなブックマークに追加