食べる 暮らす・働く

スペイン流の飲み歩き&ストリートサーカスイベント「バルタウンin新宿」

イベント画像

イベント画像

  • 0

  •  

 バルタウン実行委員会は「ひと足先に秋の味覚を味わおう」をテーマに、秋の旬の食材を使用した季節の料理を食べ歩くイベントを都内各所で開催。
第1弾として9月10日~12日の3日間、新宿で「バルタウンin新宿」と題し、街全体が会場となる秋のグルメフェスタを開く。当日、チケットと『バルタウンin新宿』の店舗マップを手に入れて、その中から気になった5店舗を「はしご」できる。

『バルタウン』とは『バル文化』を楽しめるイベントだ。スペインでは毎晩人々が『バーのハシゴ』をして、それぞれのお気に入りの1品料理『タパス』を食べ歩く。それぞれお気に入りのお店があったり、普段は入らないお店に入ったり、陽気なスペイン人らしくどこへいってもお喋りと笑い声が聞こえてくる。そんな『バル文化』をここ東京でも味わえる催しだ。

[広告]

 開催店舗は、くせもの食材を使った創作料理が楽しめる「くせものや」を筆頭にドイツワインと手作りソーセージのお店「Riesling」、赤坂の料亭の元料理長が板長を務める「割烹 きり山」、100種類以上の日本酒を取り揃える日本酒専門店とマクロビ料理のお店「方舟 新宿」、ミシュランツ三ツ星の味を新宿で体験できる本格フレンチ「Reach Out」などが参加予定。
また今回は、「ひと足先に秋の味覚を味わおう」ということで、各店が秋の旬の食材を使用した新メニューを開発。各国籍料理の旬の味覚を堪能できる。

 当日はバルタウンストリートサーカス団が登場。食事をしているとテーブルにマジシャンが登場しテーブルマジックのサプライズを行ったり、お店の店員さんが実は全員“ダンサー”で、突然踊りだしたりと、街のいたるところに大道芸人、音楽隊を配置するなど、バルーンアーティスト、似顔絵職人、パントマイム、占い師。様々なエンターテイナーがイベントをさらに盛り上げる。

 バルタウン実行委員の木村さんは「今回は、新宿エリアにある17店舗以上のお店が一足先に秋の旬の食材を使用した秋の味覚料理を当日限定で開発しました。料理のプロが今までにはない新感覚の秋の味覚料理などをお作りしてお待ちしておりますので、お腹を空かせていらして下さい。また、当日は占い師による無料手相占いやマジシャンによるテーブルプライベートマジックなどのサプライズもご用意しておりますので、グルメとエンターテイメントの融合をお楽しみください」と語る。

 開催時間は17時~23時。前売り券3500円、当日券4000円。チケットのご予約、お問い合わせ、開催店舗詳細は『バルタウンin新宿』HPまで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ