買う

新宿・紀伊國屋書店で「いか文庫マルシェ」-セレクト本販売やワークショップも

当日はオリジナルグッズを販売する「いか文庫グッズ市場」も開催(写真=ロゴ入りトートバッグ)

当日はオリジナルグッズを販売する「いか文庫グッズ市場」も開催(写真=ロゴ入りトートバッグ)

  • 0

  •  

 紀伊國屋書店新宿本店(新宿区新宿3、TEL 03-3354-0131)8階イベントスペースで2月17日、「いか文庫マルシェ」が開催される。

 「いか文庫」は、店舗も書籍も持っていない「エア本屋」。「楽しく本を売買する方法」を妄想しながら、これまでにフリーペーパーやツイッター、イベントなどで情報を発信してきた。

[広告]

 同店ではブックフェア「いか文庫的新宿本」を開催しており、「若い方だけでなく、年配の方にも好評いただいている」(いか文庫店主)といい、同イベントは紀伊國屋書店から開催の提案があり実現したという。

 当日は、いか文庫の店主、バイトくん、バイトちゃんによるトーク「いか文庫への50の質問、全部答えます!!」でスタート(13時~14時)。現在、いか文庫のフェイスブックページやツイッター、公式ホームページで質問を募集しており、「寄せられた質問にじゃんじゃん答えていく」という。

 14時30分からは「いか文庫マルシェ」を開催。いか文庫の3人に加え、さまざまなジャンルの「いか文庫サポーター」が参加する。似顔絵師の境みなとさんによる「背後霊似顔絵」、占い師の古川カノンさんによる「占いの館(タロットカード占い)」(要予約、定員各10人、参加費=1,000円)、いか文庫店主による「ミニPOPワークショップ」(2回開催、定員各5人、材料費=300円)などのワークショップを行う。

 そのほか、マルシェ参加者がそれぞれセレクトした本を販売する「いか文庫本市場」や、「トートバッグ(中)」(700円)や「IKABUNKOFFEEてぬぐい」(1,000円)などを販売する「いか文庫グッズ市場」も開催。「『いか文庫本市場』は、個性的な出店者ばかりなので、なかなか面白いものがそろっている。グッズについては、数をどのくらい用意できるか未定。紀伊國屋オリジナルカラーを用意したい」

 店主は「いか文庫のことがよーく分かっている方でも、全然分からない!という方にも、楽しんでいただける催し。ぜひご来場ください」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~18時。各イベントへの参加方法は、いか文庫の公式ホームページで確認できる。同店7階のブックフェアは期間を延長し、2月末まで開催。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース