食べる

新宿で「世界の臭くてウマいもの」試食会-「世界一臭い食べ物」も

同イベント開催の発端となった、スウェーデンの発酵食品「シュールストレミング」

同イベント開催の発端となった、スウェーデンの発酵食品「シュールストレミング」

  •  
  •  

 新宿のロフトプラスワン(新宿区歌舞伎町1、TEL 03-3205-6864)で1月29日、「世界のくさウマ実食会」が開催される。

エイの刺し身を発酵させた韓国料理「ホンオフェ」

 「臭いけど、うまい」とされているものを一堂に集め、試食を行う同イベント。司会を担当する奥野テツオさん(ロフト企画部)は「缶詰博士の黒川勇人さんとお会いしてイベント企画を詰めていく段階で、『世界一臭い食べ物』とも言われているスウェーデンのシュールストレミング(ニシンを塩漬けにし発酵させた缶詰)が話題に挙がったことが発端になり企画した」と話す。

[広告]

 当日は、シュールストレミングのほか、エイの刺し身をつぼなどに入れて発酵させた韓国料理「ホンオフェ」、伊豆諸島の特産品「くさや」や、台湾や中国などで食べられている発酵食品「臭豆腐」、フランスやスイスで食べられているという伝統的なチーズ「モンドールチーズ」の5品を用意。

 シュールストレミングの正規輸入販売店「川口貿易」(江戸川区)の伊藤謙さん、くさやなどを販売する伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ「東京愛らんど」の鈴木真理さん、水産加工の藤井栄作組合長、「東京カルチャーカルチャー」プロデューサーのテリー植田さん、「流しのチーズ屋」チーズ魂さんなど、それぞれの専門家をゲストに招き、1品ずつ紹介・試食していく予定。

 そのほか、くさやを漬け込む発酵液「しょっちる」の原液も登場する。「都内で原液を見られる機会は、まずないのではないか」と奥野さん。

 なお、イベント入場時には、「『食材に関して苦情は一切受け付けません』と明記された念書へのサインをしていただく」という。「全ての食材を試食できるが強制ではないので、食べなくても構わない。食べる方は帰りの電車もあると思うので、マスクを持参していただければ」とも。

 奥野さんは「一人で食べるのが怖くても、みんなで食べれば怖くない。話のネタに、未知の食材を食べてみては」と来場を呼び掛ける。

 開場は18時30分、開演は19時30分。料金は、前売り=2,000円、当日=2,200円(共に「ハイサワー」新商品のお土産付き)。会場では「くさや」と「シュールストレミング」の物販も行われる。

  • はてなブックマークに追加