見る・遊ぶ

新宿西口で芸能山城組「ケチャまつり」-民族楽器で「AKIRA」演奏も

50人以上で演奏される「ケチャ」

50人以上で演奏される「ケチャ」

  •  
  •  

 新宿三井ビルディング(新宿区西新宿2)のイベントスペース「55HIROBA」で8月2日~5日、「第37回 芸能山城組 ケチャまつり」が開催される。

 芸能山城組は、音楽家の山城祥二さんを組頭とする「マルチパフォーマンス・コミュニティー」。バリ島の伝統芸能「ケチャ」をはじめ、世界中に存在するさまざまなパフォーマンスを習得し、その「伝統と現代とを融合した創造活動」を行ってきた。これまでにも、大友克洋さん原作のアニメ映画「AKIRA」の劇中音楽を担当し、日本アニメ大賞最優秀音楽賞を受賞するなど、さまざまな活動に取り組む。

[広告]

 同イベントは1967(昭和42)年に始まり、今年で37回目。実行委員会事務局の森さんによると、毎年、全国から1万人を超える人が足を運ぶという。

 会場では、インドネシア・バリ島に伝わる巨大竹製打楽器「ジェゴグ」のオーケストラによる「交響組曲AKIRA」の演奏や、50人以上の編成による「ケチャ」を披露するほか、東北地方の3つの太鼓芸能が競演する「みちのく太鼓・華の競演」、「グルジア男声合唱」「ブルガリア女声合唱」「青銅の交響曲ガムランの演奏と踊り」など、総勢100人を超える芸能山城組メンバーによる世界諸民族の芸能を紹介する。

 併せて、実際に楽器を体験することができる「手ほどきコーナー」も用意。CDや工芸品、飲食などの物販や、「ガマの油売り」「バナナのたたき売り」などの大道芸も予定する。

 「芸能山城組は一緒に活動する仲間を募集している。会場で『ジェゴグ』『ガムラン』の演奏を聴いて一緒に演奏してみたいと思った方は体験稽古などにも参加してほしい」とも。

 開催時間は12時~21時(2日は15時~、最終日は20時まで)。入場無料。小雨決行。

  • はてなブックマークに追加