天気予報

31

22

みん経トピックス

PR

「進撃の巨人」新宿駅に現る亡き父、尾崎豊の歌も熱唱

京王プラザホテルで恒例つるし飾り・段飾り 人間国宝による織物も

京王プラザホテルで恒例つるし飾り・段飾り 人間国宝による織物も

年々数が増え続けるつるし飾り

写真を拡大 地図を拡大

 京王プラザホテル(新宿区西新宿2)3階アートロビーで現在、本絹古布のつるし飾りと段飾りが展示されている。

 桃の節句の時期に登場するつるし飾りは10年以上続いているが、年々数が増え、今年は過去最高の約6000個。加えて、有職織物の人間国宝・喜多川平朗さんと組みひもの人間国宝・深見重助さんによって復元され重要無形文化財に認定された「几帳(きちょう)」も展示する。

 併せて、ひなまつりの装飾を通して、武家の礼法として確立された「折形 (包み)」と、貴族の女性たちが和歌・習字・絵画などと並び嗜(たしな)んできた「花結び」も紹介している

 2階のレストラン7店舗では、ひなまつりを祝う「華やかな特別ランチ」を提供するほか、2月25日と3月10日には、ひなまつりの体験制作と特別ランチを提供するイベントも予定(有料)。

 「ひな飾りは女性の成長を祈るものなので、女の子はもちろん大人の女性にもおすすめ。いずれの展示物も美術館や博物館で展示されるような作品なので、ご家族でご覧いただければ」と広報企画担当の石川さん。

 展示時間は10時~18時(最終日は16時まで)。3月31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ポンパドウル×鈴廣×カルディのコラボパン、新宿で販売へ左から「トマトチーズオムレツ」「大人のちくわパン」「コーヒークリームパン
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング