見る・遊ぶ

伊勢丹新宿店メンズ館でステファニー・クエール作品展 粘土による動物作品

Macaque,2014 Photography:Masaki Ogawa ©Stephanie Quayle

Macaque,2014 Photography:Masaki Ogawa ©Stephanie Quayle

  •  
  •  

 イギリス人アーティストのステファニー・クエールさんの作品展が現在、伊勢丹新宿店(新宿区新宿3、TEL 03-3352-1111)メンズ館2階メンズクリエーターズ内のギャラリースペース「ART UP」で開催されている。

Snowy Owl,2018 Photography:Masaki Ogawa ©Stephanie Quayle

 「時代を切り開く、常に最先端の『クリエーション』を提案」をコンセプトに紳士服、紳士雑貨や靴を扱う同フロア。「ART UP」は2月に行った15年ぶりのリモデルに伴い、アートを中心とした作品の展示、販売を行うスペースとして新設した。担当者は「さらに濃密化しているファッションとアートの蜜月関係をひもとくべく、イセタンメンズの視点でキュレーションしたさまざまなアーティストと作品をマンスリーで紹介していくスペース。多様なカルチャーの発信に努めている」と話す。

[広告]

 オープン第1弾は、「コム デ ギャルソン」のアートワークなども手掛けたペイントアーティスト、baanaiさんの作品展「inaiinaibaanai」を、第2弾はiPhoneケースにペイントを施した「持ち運べるアートピース」を提案する、ペンキ職人とアートディレクターにして実の兄弟ユニット「海前ブラザーズ」を紹介した。

 今回展示するクエールさんは1982(昭和57)年、イギリス・マン島生まれ。2005年スレード・スクール・オブ・アート彫刻学科卒業、2007年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート彫刻学科修士課程修了。各地で個展、グループ展を行うほか、日本では川久保玲さんがディレクションを手掛ける、ロンドン発のコンセプトストア「DOVER STREET MARKET GINZA」1階に展示する象の作品でも知られる。

 同展ではフクロウやサルの立体作品や、陶版作品を展示、販売する。担当者は「粗い粘土は彼女の手によって命を吹き込まれる。自然豊かな環境で生まれ育ち、現在も自然と向き合いながら、創作活動を続ける彼女ならではな生命力溢(あふ)れる造形作品は、野性的で繊細、そしてとても個性的」と話す。

 開催時間は10時~20時。5月14日まで。

  • はてなブックマークに追加