食べる 買う 暮らす・働く

小田急百貨店新宿店に「STORY STORY」-書籍×雑貨×カフェの複合型新店舗、電子書籍体験も

テーマごとにセレクトした書籍・雑貨を展開していく(店舗イメージ)

テーマごとにセレクトした書籍・雑貨を展開していく(店舗イメージ)

  •  
  •  

 小田急百貨店新宿店(新宿区西新宿1、TEL 03-3342-1111)本館10階に4月24日、書籍・雑貨・カフェの複合型新店舗「STORY STORY(ストーリー ストーリー)」がオープンする。運営は有隣堂(神奈川県)が行う。

カフェは68席。楽天市場で人気のスイーツなど話題のメニューがそろう

 約220坪の店内に、「食」「趣味」「暮らし」といったジャンルやテーマごとにセレクトした書籍や雑誌、雑貨を展開するショップと、カフェが入る。また知育玩具や絵本などを取りそろえる体験型ミニショップ「Do! Kids」も開設し、読み聞かせなど親子で参加できるイベントを随時行う。カフェは68席で、楽天市場で人気のスイーツや、昔ながらの喫茶店メニューをリメークしたフード、ドリンクを提供するという。

[広告]

 店舗中央には、楽天の電子書籍専用端末「Kobo」の販売コーナーを設ける。なおカフェには購入前の書籍(一部を除く)を持ち込めるほか、自由に使えるKoboの端末も設置する。小田急百貨店の広報担当は、「従来から百貨店を利用されてきたお客さまは、比較的年齢層が高く、これまであまり電子書籍に触れる機会のなかった方も多い。そうした世代にも、文字が拡大できたり軽量であるといった電子書籍の利点をアピールしていきたい」と話す。

 小田急百貨店新宿店の10階は、今年2月に閉店した三省堂書店新宿店をはじめ、美術画廊や文具売り場などがそろうカルチャーフロアとして長年親しまれてきた。「新業態店舗のオープンにより、書籍のニーズを満たしながら、さらにお客さまの興味・関心を広げていただけるような文化情報の発信を行っていきたい」と担当者は話す。

 営業時間は10時~21時。営業日は小田急百貨店新宿店に準ずる。

  • はてなブックマークに追加