食べる

新感覚のジャムパン専門店「八天堂ジャム」新宿ルミネ1にオープン-人気クリームパン「八天堂」が新業態

「八天堂ジャム」商品イメージ

「八天堂ジャム」商品イメージ

  • 0

  •  

 新宿ルミネ1(新宿区西新宿1)B2階に9月1日「八天堂ジャム」1号店がオープンした。
「八天堂ジャム」はクリームパンが大人気の「八天堂」の新業態。経営は株式会社八天堂リテイリング。同店はテイクアウト専門店になり、ケースにはこだわりのジャムパンなどが並ぶ。

 「八天堂」は、パンとスイーツの融合=「スイーツパン」という新ジャンルの確立を目指し、第一商品として「冷やして食べる とろけるくりーむパン」を展開している。駅ナカなどをはじめ、今では全国に10店舗を展開し、年間1000万個以上の「くりーむパン」を販売している。今回、「スイーツパン」ジャンルの更なる発展を目指し、第二弾として「ジャムパン」を販売する。1号店となる同店は、赤と白を基調にしたデザインで、ルミネへの出店を機に新しいブランドロゴも作成した。

[広告]

 「昭和時代など昔なじまれたジャムパンは、最近ではあまり注目をされなくなってきました。八天堂は独自の製法でジャムパンの常識を覆し、お客様に新しい発見をお届けします」と同社広報担当者。「特許を取得とした“加圧滅菌”という火を一切使用しない製法でジャムを作っています。そのため、酵素が生かされフルーツ本来の色鮮やかさとおいしさを味わっていただけます。新鮮なフルーツ感たっぷりのジューシーなジャムと、ふかふかとろけるパンの融合による新感覚のジャムパンです」とも。

 ジャムパンのアイテムは、福岡県産のあまおうを使用し糖度と酸味を抑え食べやすく仕上げた「いちご」をはじめ、「りんご」・「パイナップル」・「ブルーベリー」・「ひゅうがなつの」5種類。また、ジャムパンだけでなく、ジャムをそのまま食べられるように「ジャム」・「ジャムに合う食パン」・「ロールパン」も取りそろえる。また、日常食でもある「パン」が手土産にも使われ、「贈り物」がもっと日常的なものとなるように、ギフトセットも用意している。

営業時間は8時~22時。