学ぶ・知る

チャリティーランナーの募集期限を12月16日に延期-東京マラソン

「東京マラソン2011」でのチャリティーランナーの様子
©東京マラソン財団

「東京マラソン2011」でのチャリティーランナーの様子 ©東京マラソン財団

  •  
  •  

 都庁前をスタート地点として来年2月26日に開催される「東京マラソン2012」は、7月から募集を始めていた「チャリティーランナー」の募集期間を12月16日まで延期することを決めた。先着3000人。

 「チャリティーランナー」は10万円以上を個人で寄付してフルマラソンの出場資格を得たランナー。前回大会から「つなぐ」をテーマにチャリティーランナーの募集と寄付を募った結果、チャリティーランナーのエントリーは707人、寄付金は総額7,325万3,580円だった。

[広告]

 前回の受け付け期間が12月15日~1月6日だったのに対し、「2012」では5カ月早い7月15日に受け付けを開始し、定員も3倍の3000人に設定。定員に達し次第募集を締め切るが、達しなかった場合は11月30日に受け付けを終える予定だった。ただ、11月18日の時点で応募者数は1,264人とまだチャリティーランナーを受け入れる余裕があることや、東京マラソンの公式クラブである「ONE TOKYO」プレミアムメンバーの2次抽選結果発表が今月末まで延びていることなどから、募集期間の延長を決めたという。「延長により、このチャリティーの輪を広げ、より多くの方の思いをつないでいきたい」と東京マラソン財団の担当者。

 寄付金の分配は、50%を東日本大震災の復興支援金に、残りを「家族」「未来」「命」「夢」「暮らし」の5分野のチャリティー活動に充てる予定。寄付金は2012年3月末まで受け付けている。チャリティーランナーとして参加するには10万円以上の寄付金のほか、大会参加料1万円と事務手数料500円がかかる。詳細は大会ホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加