架空おバカスポーツ映像の祭典「東京オンリーピック」-バルト9で開催

同イベントの公式テーマソング「Shiny GATE」(Sony Music Records)を歌う中川翔子さん

同イベントの公式テーマソング「Shiny GATE」(Sony Music Records)を歌う中川翔子さん

  •  

 バーチャル・スポーツ競技の映像大会「東京オンリーピック2008」が8月8日より、新宿バルト9(新宿区新宿3、TEL 03-5369-4955)で開催される。

 同イベントは、国内外の作家やエンターテインメント系クリエーターらが制作した架空のスポーツムービーを集めて一挙に上映するもの。イベント名は「唯一無二のスポーツ映像」という意味で「Only」と「Pictures」を掛け合わせた造語。

[広告]

 開催テーマはスポーツ×お笑い。映像内容は「ストイックかつ淡々とした雰囲気で進行しながらも、競技自体はおバカでふざけているという、性別や文化を超えて楽しめるもの」(同イベント担当者)。総監督は、2人の選手が1組のスキー板を使ってジャンプする架空のスポーツ映像「スキージャンプ・ペア」で世界的な話題を集めた真島理一郎さん。公式テーマソング「Shiny GATE」は中川翔子さんが歌う。

 「オンリーピック公認競技」(=上映作品)は、12組のクリエーターが、アニメ、CG、クレイ、実写などそれぞれの持ち味を生かして制作した10分~15分の映像。サムライという言葉をいかに美しくカッコよく叫ぶかを競う「SAMURAI」、家の中を使って行われる障害物レース「ホームアスロン」、親子の愛と絆を描く陸上系新種目「男子親離れ」、キング・オブ・バカを競う複合競技「バカ近代四種」など12競技を上映予定。

 真島さんは「人間が『想像』を巡らし『創造』する、究極の想造活動を心ゆくまで楽しんでほしい」と話す。

 上映時間は19時~。料金は2,500円。8月24日まで。

新宿ピカデリーで「カンフー・パンダ」ジャパンプレミア-いよいよこけら落とし(新宿経済新聞)新宿バルト9でも「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」-海外ゲストも(新宿経済新聞)東京オンリーピック2008新宿バルト9