天気予報

15

5

みん経トピックス

新宿でイデーのアート企画新宿で映画「隣る人」公開

新宿通りの車道に「シンジュク ストリート シーツ」 ベンチ設け情報発信も

新宿通りの車道に「シンジュク ストリート シーツ」 ベンチ設け情報発信も

新宿通りに期間限定で設けられた仮設歩道「SHINJUKU STREET SEATS」の様子

写真を拡大

 新宿通りの車道部分に現在、仮設歩道「SHINJUKU STREET SEATS(シンジュク ストリート シーツ)」が期間限定で設置されている。

SHINJUKU STREET SEATSを利用する様子

 新宿駅東口地区歩行者環境改善協議会が2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催とその後を見据え、「歩いて楽しい、にぎわいのある街作り」を目指す取り組みの一環として行っているもの。「ストリートシーツ」とは、路上に人々の場所を生み出す活動や仕組みのことで、近年欧米を中心に広がりを見せているという。

 設置は「紀伊國屋書店」などが入るカワセビル前と「マルイ」前の2カ所で、木材を使ったスペースにベンチを置いた。SNSなどでの発信を促そうと、フォトスポットとしても利用できる「SHINJUKU STREET SEATS」のサインも配置する。

 担当の木内盛雅さんは「過去にアンケートを実施した際、街の中に休憩できるスペースが欲しいという希望が多くあった。今年は、街のシンボルロードともいえる新宿通りで1カ月半実験として取り組んでいる。当初は外国の観光客などが比較的多かったが、日増しに利用が増え、待ち合わせや昼食、休憩などに利用していただいている」と話す。

 ベンチのほか、周辺にある店の情報や歴史、文化などの発信も行う。「新宿通りの過去と現在の様子を比較できる写真や、同エリアで行われている祭りなどイベントの写真も展示している」と木内さん。

 「併せて荷さばき対策や駐車対策も行っている。『こういう空間が欲しかった』と好意的な意見も頂いているので、今後も道路を活用したにぎわいを創り出していきたい。買い物や観光の合間に立ち寄ってもらい、街を回遊してもらえたら」と利用を呼び掛ける。

 11月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

新宿マルイ本館に「フードポケット」 美と健康をテーマに食品など13店集結「FOOD POCKET」に出店しているデーツ専門店「DATES OASIS」のイメージ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング