新宿・平和祈念展示資料館で「みんなに伝えたい戦争のおはなし」

戦争体験者の貴重な話が効けるイベント。

戦争体験者の貴重な話が効けるイベント。

  •  

 新宿住友ビル(新宿区西新宿2)の平和祈念展示資料館で4月29日から、大戦における「兵士」「戦後強制抑留者」「海外からの引き揚げ者」の労苦について理解を深めるイベント「みんなに伝えたい戦争のおはなし」が開催される。期間中、戦争体験者からの貴重な体験談披露や映画上映、館内ガイドツアーなどが行われる。

 語り部お話会は「奉天から幼い妹2人と引き揚げてきた手塚元彦さんの体験談や、「戦争をかいくぐって冬山の逃避行」を体験した元兵士の大矢東さんの話のほか、戦争の労苦体験を描いた「キクちゃんとオオカミ」、「ボクの防空壕(ごう)」、「おかあちゃんごめんね」などのアニメ映画も上映。「戦争を知らない世代に、いかに戦争が残酷で悲惨かということを理解してもらい、同じ過ちを繰り返さぬよう語り続ける」イベントとなっている。

[広告]

 ガイドツアーは毎日13時から行い、約40分のガイドツアーが終了すると、参加者に記念品を配布する。 

 開館時間は9時30分~17時30分。入館無料。5月7日まで(5月1日は休館)。