見る・遊ぶ

小田急百貨店で「北原照久 大コレクション展」 約3000点、初公開の映画小道具も登場

北原照久さん(右)と、1950年代のブリキのおもちゃ「スモーキングロボット」(左上)、1922(大正11)年制作の「赤玉ポートワイン」ポスター(左下)

北原照久さん(右)と、1950年代のブリキのおもちゃ「スモーキングロボット」(左上)、1922(大正11)年制作の「赤玉ポートワイン」ポスター(左下)

  •  
  •  

 テレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士としておなじみの玩具コレクター、北原照久さんのコレクションを集めた「北原照久 大コレクション展 必見!名品・珍品・お宝大集合」が、8月12日から小田急百貨店新宿店(新宿区西新宿1、TEL 03-3342-1111)本館11階催物場にて開催される。小田急百貨店としては初。

漫画家たちが寄せ書きしたトキワ荘のカーテン

 1948年生まれの北原さんは、大学時代に訪れたヨーロッパで物を大切にする文化に触れ、生活骨董やポスターなどの収集を開始。ブリキのおもちゃコレクターとして世界的に知られ、1986年には横浜に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館した。

[広告]

 同展では、北原さんの膨大なコレクションの中から、約3000点を「おもちゃ」「広告」「現代作家」「幻の一品」などカテゴリーごとに展示。貴重なコレクターズアイテムや関連グッズの販売コーナーも設置される。

 注目は、こうした展示イベントでは初公開のものを含む映画のプロップ(小道具)展示。映画「グレムリン」のヘッドパペットなど、実際に撮影に使われた“実物”も登場する。また12日には北原さんが会場内を回りながら解説するギャラリートーク、15日・16日にはコレクションにまつわるエピソードを紹介するトークショーも行われる。

 「ご本人も『正確な数は分からない』とおっしゃるほどのコレクションから、選び抜いたお宝を集めた」と担当者。「夏休み期間の開催なので、お子様からご年配の方まで、幅広い層のお客さまに楽しんでいただける内容になっている」とも。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。入場は各日閉場30分前まで。入場料は大人=700円、高大生=500円、中学生以下無料。障害者手帳提示で本人と同伴者1名無料。8月25日まで(17日は休業日)。

  • はてなブックマークに追加