買う 学ぶ・知る

新宿東口「ビックロ」が開業-行列4000人超え、柳井社長らあいさつ

開店前に行われたオープニングセレモニーの様子

開店前に行われたオープニングセレモニーの様子

  •  
  •  

 新宿東口の「ビックロ」が9月27日、オープンした。

  「ビックロ」は、ビックカメラがカジュアル衣料ブランド「ユニクロ」と全面的に協力する新店舗。「素晴らしいゴチャゴチャ感」をコンセプトに掲げ、外国人観光客にもアピールできるような「グローバル繁盛店」を目指す。地下3階~地上8階、総店舗面積は1万5000平方メートル。1階(一部)~3階を「ユニクロ 新宿東口店」(約3960平方メートル)、そのほかのフロアが「ビックカメラ 新宿東口店」となる。

[広告]

 開店時間に先駆け、正面入り口でテープカットが行われた。都内に11団体あるというチンドン屋が一堂に集まり口上を行った後、ビックカメラ宮嶋宏幸社長と、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長があいさつを行った。

 宮嶋社長は「1階で展開していたビューティー家電コーナーが好評だったので、面積を4~5倍にして7階に移動させるなど、7月5日の『プレオープン』時からうかがってきたお客様の声を反映させた。これまでに無い売り場作りで、お客様に常にワクワク感を提供していきたい」とあいさつした。

 柳井会長兼社長は「世界中の人が集まるターミナル駅がある新宿東口で、日本で一番、グローバルで一番の『グローバル繁盛店』を目指したい。元気のない日本経済を『ビックロ』させたい」と話した。銀座店との差別化については「新宿は大衆文化の街で、銀座とは好対照だが、どちらも世界中から人が集まる街。ニューヨークやパリでも『大衆文化』を伝えられるような店を出店してみたい」とも話した。

 テープカットには両社長のほか、新宿東口商店街振興組合の安田眞一理事長、新宿大通商店街振興組合の竹之内勉理事長、ビックロのクリエイティブディレクター、佐藤可士和さんが登壇した。

 オープン時間は当初10時の予定だったが、4000人を超える行列ができたため、急きょ9時45分の開店となった。

  ビックカメラのフロア構成は、地下3階=ゴルフ、カメラ、DPE(写真工房)、サプライ用品、地下2階=PC、PC関連商品、地下1階=携帯電話、スマートフォン、ソフマップなど、1階=ビックカメラ「テーマゾーン」、4階=テレビ、レコーダー、オーディオ家電、5階=生活家電、調理家電、酒など、6階=季節家電、家事家電、電話機など、7階=ビューティー家電、時計、薬局など、8階=ゲーム、おもちゃ、電子ピアノ、眼鏡など。 

 ユニクロのフロア構成は、1階=ウィメンズ、メンズ、2階=ウィメンズ、ベビー&キッズ、3階=メンズ。

 それぞれの売り場には、家電を持たせポージングさせることのできる「ビックロマネキン」を全80体配置。利用シーンを想定した家電と衣料のコーディネートを提案する。

  この日5時から並んでいたという女性3人組は「ダウンベスト目当てに並んだ。ウインドーを見ると、衣料と家電が可愛くディスプレーされているので、欲しくなってしまう」と話した。イージーレギンスを購入した10代女性は「家電と衣料の組み合わせディスプレーは、目についてしまう。人手が落ち着いたら、またゆっくり見に来たい」と話した。

 営業時間は10時~22時。

  • はてなブックマークに追加